20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

「私がんばったよね!?もう死んでも良いよね?」


この母からのショックな言葉から
数時間が立った。


だがこの母からのショックな言葉は
僕の脳裏に焼き付き
必死に別の事を考えようとしても
頭の中で何回もフラッシュバックした。


母はこの日、ずっと怒りを噛み殺したような怖い顔で
声をかけられるような雰囲気ではなかったのを覚えている。


普段は優しい母だったので
余計に怖かった。


でも僕は母の横にずっといた。
会話は一切なかったし、
できる雰囲気ではなかったけれど


僕の想いは


ただただ母の傍に居たい....。


その一心だった。


そして夜になり、仕事から帰って来た父がお見舞いに来た。
何も知らない父。


僕は父の顔を見ると、
張り詰めた緊張がほどけたように
涙がドッと溢れた。


そんな僕の様子を見て、
驚いた父は
何かあったと感じ取り
僕を病棟内のロビーに連れ出した。


そしてまもなくすると
主治医の先生も現れた。


おそらく看護師の人から
父がお見舞いに来たと連絡が入ったのだろう。


主治医の先生から父に
今日起きた経緯を説明した。


僕はその横で
また今日の母からの言葉を思い出して
ずっと泣いていた。


そして主治医の先生から
「このあたりが限界ですね..。奥様も息子さんも精神的にもう限界だと思います。
これ以上奥様に、残りの時間が残されていない事を隠すのは難しい、というのが私の見解です。
明日奥様に告知をしましょう.....。よろしいでしょうか.....?」


僕は先生からの言葉を聞き


(とうとうこの時が来てしまったか…)


とショック受け、さらに泣いた。


それでも父は神妙な顔をしたものの
取り乱すこともなく
「はい」とだけ先生に返事をした。


そして父は泣きじゃくっている僕の肩を
力強くさすりながら、


そして僕の目を
しっかりと見つめながら


「いいな?ゆうじ」
と聞いてきた。



涙でぼやけて父の目をしっかりと見れなかったけれど
僕はむせび泣きながら「うん..」と答えた。


そしてついに
母に告知をする時を迎える...。


それは僕が人生の中で
一番やり直したい、
一番後悔する日にもなった。





闘病記ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. ラブハウス
    • 2017年12月09日 18:16
    • 5 ゆうじさん、更新をありがとうございます。
      そして日々お疲れ様です。

      先の見えない苦しさに、やり場のない悲しみと怒りを
      抱えてしまったお母様。
      それを傍で支えるゆうじさん。
      そして、夜になり優しいお父様がみえて少し安心した
      ゆうじさん。
      それぞれが、精いっぱいの愛情で接する情景を思い浮かべています。
      医師も、考え抜いての判断だったのでしょうか。

      うちの母も、激痛と息苦しさで酸素濃度をチェックする指先のパルスオキシメーターを、何度も外そうとしました。
      「何よこれー。うっとうしいから外して・・・」
      苦しんで外してしまった後に私がつけ直す時、
      暑い季節なのに指先がとても冷たくなっていたのを覚えています。
      今後も、ずっと記憶に残るでしょう。
      控えめで優しかった性格が激変するのは、傍で見ていて大変つらいものがありますね。

      お若い年齢のゆうじさんには、本当に辛かったでしょうね。
      傍に付いているその事が、ご立派だと思います。
      お仕事と家族のサポートに奔走するお父様も、言葉にできない思いをお持ちでしたでしょう。
      それなのにとても強くて優しいお父様。
      厳しい事実が書かれているのに、ゆうじさんの文章からは溢れる愛が伝わってきます。
      強くて優しい絆が、ご家族の全員にあったからでしょうか。

      コメントは無理をなさらずに。
      どうかご自分のペースで記してくださいね。
      寒いので、ご自愛ください。

    • 2. yuuji16
    • 2017年12月10日 16:51
    • ラブハウスさんへ
      コメントありがとうございます。
      あの当時の僕は本当に毎日たくさん泣いていました。
      ただ悲しくて、恋しくて、寂しくて母の前だけではなく所構わず泣いていました。
      もちろん先生の前でも泣いていましたので、先生もそんな僕の姿を見て、頃合だと思ったのだと思います。

      ラブハウスさんもお母様も看病でたくさん辛い思いや悲しい思いをされたのが、痛いほど分かります。
      僕ら家族は治療のためだから付けて欲しいと思っていても、本人からすればうっとうしいと感じ、拒絶してしまうことが多々起きますね・・。ただ嫌がる本人を見るとつい本人の意向に任せたくなりますね。
      別れの時が迫った時のあの何とも言えない冷たさは永遠に手に残りますね・・。僕も母と父のあの冷たさは死ぬまで忘れられません。

      お心遣いありがとうございます。「溢れる愛が伝わってくる」とても嬉しいです。僕は父と母そして兄が大好きなので家族に対する想いが伝わってすごく嬉しいです^^
      これからも心を込めて書きます。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット