20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

僕の心はボロボロだった...。


心の中に「死にたい」「死ねたら楽だろうな..」
などと自分の命を軽視する考えが出てきてしまった。


この気持ちはたしか2、3日続いた気がする。
母の病室で、母の寝顔を見ながら


(もしおれが死んだら、父からおれが死んだと聞いてショックを受けるんだろうな~)


と上の空というか無気力で
そんなことまで考えてしまったのを覚えている。


それほどまでに僕の心はボロボロだった..。
そして真っ暗な家に帰って、
父と兄の帰りを待ち、
食事などを済ませ、最低限のコミュニケーションを取る。


母が家に居た時とは、比べ物ならないほど
寂しく、暗い我が家だった。


そして就寝。
自分とゆっくりと向き合える時間。


しかし母と別れたくないという悲しみ、
胸を締め付けられるような恐怖に襲われ
僕は気がつくとすぐに泣いていた。


そんな時、このままではだめだと
自分の心を鼓舞するために
携帯で名言集を調べた。


そこで僕の心は奮い立った。


その名言とは


「あなたが死にたいと思った今日は、昨日死んでしまった人が生きたいと願った明日」


という言葉。


僕はこの言葉を読んでさらに泣いた。


そして自分なりの言葉に言い換えた。


「あなたが死にたいと思った今日は、世界のどこかで、生きたい!と強く願った人が死んでいった今日でもある」


もっと言えば


「俺が死にたいと思っているこの瞬間も、世界のどこかの誰かが生きたい!と強く思いながら死んでいっているのかもしれない」


と自分をどんどん鼓舞していった。


「生きれるおれが自分の命を捨てるなんてダメだ!はつみは生きたいのに生きれないんだ・・」


「おれがはつみを支えるんだ!」


と泣きながら自分をひたすら鼓舞し続けた。



今でもこの


「あなたが死にたいと思った今日は、世界のどこかで、生きたい!と強く願った人が死んでいった今日でもある」


という言葉は大事にしている。



だって僕はこの言葉に命を救われたから...。



闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (7)

    • 1. りー
    • 2017年11月18日 20:11
    • 初めまして。
      私も22歳の時に母が末期ガンを患い、4年2ヶ月の闘病生活を送りましたが昨年他界しました。
      ゆうじさんと同じように癌と宣告された時は母がいなくなるのが怖くて1ヶ月程無気力、1人になると泣いてばかりいました。
      お別れした今も悲しみと上手く向き合えず、後悔の日々です。
      お父様、お母様を思い出しながらブログを書くのは辛いこともあると思いますが、応援しています。
    • 2. yuuji16
    • 2017年11月19日 00:06
    • りーさん
      はじめまして。
      りーさんもその若さでお母さまを癌で亡くされているのですね..。
      末期がんを患いながら4年2ヶ月もの間、頑張ってくれたのは凄いですね!
      僕も未だに両親との永遠の別れと向き合えていません。
      お互いいつか向き合える日が来ると良いですね。
      りーさんのように同じような境遇の方にも何か良い影響を与えられるように
      これからも書き続けます^^
      これからもよろしくお願いします^^
    • 3. ポン
    • 2017年11月19日 14:32
    • 初めまして。
      私も 母が、 末期ガンと知り 辛くて
      本当に 死にたかったです。
      死ぬしか 母親を失う 苦しみから
      逃れる方法は、ないと…








    • 4. ポン
    • 2017年11月19日 14:36
    • 本当に死ぬ事しか考えてなかったです。
      母は、旅立つてしまった 今 私は、生きています。他人事のように なぜ 私生きているなかなと…思っています

    • 5. yuuji
    • 2017年11月19日 18:24
    • ポンさんへ
      コメントありがとうございます。
      ポンさんの気持ちとてもわかります。
      やはり大事な人が癌に侵され、日に日に弱っていく姿を間近で見ていると、言葉には表せないほどの精神的な苦しみが訪れます。
      でも僕らは親に大事に育てれて今生きています。
      僕らは精一杯自分の人生を命を全うして、天国で再会した時に一杯褒めてもらえるよう、一日一日大切に生きていきましょうよ^^
    • 6. ポン
    • 2017年11月20日 08:34
    • ありがとうございます。なかなか 前向きになれず この寂しさ
      苦しみと戦っていけばよいのか。


    • 7. yuuji16
    • 2017年11月21日 00:50
    • ポンさんへ
      僕の好きな言葉を送ります。

      おばあちゃんが言っていた。
      人は人を愛すると弱くなる。
      だが恥ずかしがることはない。
      それは本当の弱さじゃないから、ってな。
      弱さを知っている人間だけが、本当に強くなれるんだ。

      焦る必要はなありません。
      ゆっくり、ゆっくり前に進んでいきましょ^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット