20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

いつもどおり僕は毎日
時間の許す限り母のお見舞いに行った。


少しでも一緒にいたい。


少しでも母との思い出を作りたい。


少しでも母の笑顔をこの目に焼き付けたい。


そんなこと思いながら
母との残りの時間を過ごしていた。


でもやっぱり母の笑顔を見る度に


いつまでもこの笑顔を見ていたい


まだ何か手はあるのではないか


まだ助かる可能性はあるのではないか


などと諦めることができずにいた。



しかしそんな母が恋しい一方、
徐々に僕の気持ちにも変化が訪れた。


あまりにも母の余命宣告がショックで
僕の心はボロボロだった。


そして人生で初めて


「死にたい..」


と思ってしまった..。


こう思ったのは後にも先にも
この時が最初で最後。


こんな希望のない悪夢の毎日から
逃げたい....と。


当時、胃が痛くて
胃潰瘍になりたいと強く願ったり、
胃潰瘍になれば死ねるのかな


帰りの暗い帰り道で
自転車に乗りながら
高層マンションを見て
あそこから飛び降りれば死ねるな


などと本気で思った。


誰にも相談できず、
僕の心の中で大切にしていた
燃え上がる炎のような想いが
儚く消えていった…。




闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット