20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

依然として母は
元の元気な体に戻れると希望を持っていた。


しかし母も唯一、
今回の手術をしたことで
今後の生活に不安を持っていることがあった。


そうそれは人工肛門。
癌細胞が邪魔をして
自然な排泄ができなくなった為、
便を排泄するために
胸の下あたりに人工の肛門を
作った。


本人には今回の腹痛を招いた原因の
ひとつであり、それを解消するために
人工肛門の処置をしたと伝えてあった。


母は当初、人工肛門になったことに
少しショックを受けていたが
その事実を受け止め、必死に対応しようとしていた。


そんな入院して数日立ったある日
僕がいつものようにお見舞いに行くと
母は申し訳なさそうに


「ゆうじごめんね…パジャマにうんちがついちゃった…」


「イトーヨーカ堂行って新しいパジャマを買って来てほしい…」


「このパジャマを家で洗濯してきてほしい…ごめんね…」


と母は何度も僕に「ごめんね」と言ってきた。


僕はまた泣いてしまった。


僕ら家族の為にいつも頑張ってきてくれた母。
僕ら家族が仲良くやってこられたのは
間違いなく母のおかげ。


そんな母との残りの時間が
本当にあとわずかしか残っていないのなら


母のこんな悲しそうな顔は見たくないし、
僕といるときだけでも穏やかな気持ちでいてほしい。


少しでも母の笑った顔を
この目に焼き付けたい!
少しでも前向きであってほしい。


母からの「ありがとう」
という言葉だけで僕は頑張れる。


様々な事を考えながら、
僕も泣いてはいたけれど
深呼吸をして笑顔を作り、


はつみ、謝ることなんかないよ。
これからは
「ごめんね」じゃなくて「ありがとう」って言おう。
だって俺はつみのこと大好きだもん
はつみの為ならおれがんばるよ
全然謝ることなんてないよ

と言った。


そしたらはつみも


「そうだね^^ありがとう^^」


と笑顔で言ってくれた。


このやりとりも今でもすぐに思い出せる。
それほどまでに、あの時こう言えて良かったと
思えている。


僕にとってこの日のこのやりとりも
母との忘れられない大事な思い出です。


闘病記ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット