20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

昨日は地元でイベントがあった。
今回で3回目。


このイベントは市民参加型で
3年前に初めて行われた1回目は兄が参加して、
父と僕は兄の応援のために一緒に出掛けた。


兄を応援しながら、父と2人で楽しく見ていたのが
昨日のことのように思い出される。


そして去年は僕も兄と一緒に参加することになった。
去年は僕も初めての参加だったので、
参加することが決まった時は
「中学の体育祭の時以来に父に自分の頑張っている所を見てもらえる!」
と喜んだのを覚えている。


なんだかんだこうやって
自分が真剣に取り組んでいる姿を
親に見てもらえる機会は大人になるにつれ
減っていくと思う。


そういった意味でも、このイベントに
参加できることを幸せに感じていた。


だけれどその当時、父は入院中だった為、
見に来れなった。
結局僕のこの夢は叶わなかった…。


去年は終わった後、そのまま父の病院にお見舞いに行き、
結果報告を含め、来れなかった父にたくさん話して
父がそれを嬉しそうに聞いてくれたのが
僕にとってとても良い思い出として残っている。


もうあれから1年か…。
今年はもう父はいない。


でも必ず見に来てくれるはず。
今回は初めて両親が
一緒に見に来てくれているはず。
きっとこの会場に来てくれているはず。

そう思ったら、正しい表現なのかはわからないけれど、
なんだか嬉しかった。


ただ昨日毎年行われているこの会場に来たら
2年前の父と一緒にいた光景が思い出されて
また目に涙が溢れてしまった。


やっぱり恋しいな…
会いたいな…

会話はできなくても良いから
観客席にいる父の姿を見ながら力をもらい、
父には僕の頑張っている姿を見てほしかったな…


すみません不覚にも
今このブログを書きながら
また泣いてしまったので
今日はこの辺で><

にほんブログ村 家族ブログへ
闘病記ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット