20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

専業主婦の母が入院した事で
僕と父、兄の男3人の生活が始まった。


当時は父と兄は会社員、
僕は大学生。


母が家にいた時は
家事全般をやってくれていた。


母は本当に家族が大好きで
家族の為に、家族中心の生活を
ずーっと送っていた。


日中僕らが仕事や学校に行っている間に、
近所へ自転車でスーパー等に買い物に行っていた。


また特にこれといった趣味もなく、
1人でどこかに出掛けることはなかった。


そのため、常に家には母がいた。
外が暗くなれば、玄関の電気をつけ、
玄関のカギを常に開けて、
家族の帰りを待っていた。


仕事柄、兄の帰りが24時頃になる時が多々あった。
それでも兄が帰ってくると、わざわざ起きて、
コミュニケーションを軽く取ってから寝る。


翌日になれば朝5時には起きて
仕事に出掛ける父と兄の見送り。


朝になれば、僕の食事の準備など
常に母は僕ら家族の為に頑張ってくれていた。


そんな母はドラマが大好きで
唯一母が自分の為に時間を使える時だったと思う。


よく母とキムタクやつよぽんのドラマを
毎週見ていた時に僕だけ見逃してしまう時があった。


僕は録画したドラマを見る前に
母からあらすじを聞いてから
見るのが大好きだった。
母もまた軽い優越感からなのか
嬉しそうに教えてくれた。


この年、NHKの大河ドラマは「篤姫」
母が体調を崩したのが12月上旬。


ちょうど母が体調を崩した頃に
最終回が放送された。
その当時、母はTVを見るどころではなかったため、
入院した時は、最終回を見れなかった事を
悔やんでいた。


「録画してあるから家に帰ったら見れるよ」
と励ましたのを覚えている。


結局、録画した最終回を
見ることはできなかったけれど、
病院のTVで総集編を見れたので、
結末はわかったと喜んでいたのは覚えている。


また僕が未だにSMAPが好きなのは、
間違いなく母の影響。


毎週月曜日の夜は母と一緒に
スマスマを見て、


メンバーの誰かが出ている
ドラマやバラエティー番組は
ほとんど見ていた。


ちなみに解散が発表された時は
仏壇に「はつみSMAPを解散させないでー」
とお願いし、スマスマの最終回は
母の遺影をTV前に置き、
一緒に見た。


話がそれたが、そんな当たり前だった我が家の日常も
母が入院した事で、一変する。


家に帰れば、玄関のカギはしまっていて
暗くなってから家に帰る家からは光が漏れていない。


夜、お見舞いから帰って来た時に
外から見た我が家が真っ暗だった事に
当時凄くショックを受けたのを覚えている。


夜は必ず家には母がいたから
外から見た真っ暗な我が家に
慣れなかった。


と同時にこうしたことでも
母のありがたみがわかった。


また母が入院した事で
僕が気づいたことがある。


そうそれは


「普通が一番」ということ。


もちろんお金があったり、
おいしいご飯が食べれたりできれば
それに越したことはないけれど、


当たり前だった日常を失った事で
どれだけ今までの日常が幸せだったのかがわかった。


家に帰れば母がいて、
一緒に父と兄の帰りを待ち、
TVを見たり、家族でくだらない話をする。


何の変化も無く、
これといった出来事は起きないけれど、


「普通が一番幸せな事」


というのが身に染みてわかった。
この時から今もずーっと
僕はそう思う。













にほんブログ村 病気ブログ 末期がんへ
闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. yuuhi
    • 2017年11月02日 11:49
    • 普通が一番幸せです。
      灯りをつけ 待っていてくれる…
      ごはんが すぐ食べられる…
      お風呂も 沸かしてある…
      洗濯もしてくれてる…
      体調が悪い時一番に伝えるひと…
      看病してくれる…
      愚痴を聞いてくれ 励ましてくれる…
      守ってくれる 一番の味方…
      お母さんて すごいですね。
      でも元気な時には うるさいって思ったり くち喧嘩したりすることも。
      私は 父と一緒に過ごした時間を
      元気な時は何気なく過ごした気がするから 戻れるなら…
      もっと大事に大事に過ごし直したい。
    • 2. yuuji16
    • 2017年11月03日 00:04
    • いつもコメント下さりありがとうございます^^

      yuuhiさんのおっしゃるとおり、
      やっぱり母親というのは偉大な存在で
      家族に無償の愛をくれる存在だと思います。

      そうなんですよね。どんな時も味方でいてくれると
      勝手な甘えがあり、ついつい口喧嘩や八つ当たりを
      してしまうものですね。
      「元気な時は何気なく過ごした気がする」
      僕も凄くそう思います。
      だからこそ、微力ながらこのブログを通じて
      1人でも多くの方に大事な人との時間を大事に
      過ごすキッカケになってくれればと思い、
      日々書いています。
      これからもよろしくお願いします。
    • 3. 紺青空
    • 2017年11月05日 16:15
    • はじめまして。

      夜中に母に会いたいな~と
      思いながらウロウロしていて
      ゆうじさんのブログに
      たどり着きました。
      お母さんに対するいろんな想いが
      リンクして布団をかぶって
      大泣きしました。
      もっと何気ない日常を大切に
      すればよかった。
      もっともっと「ありがとう」を
      伝えればよかった。

      ただただ会いたい・・
      お母さんに会いたいです。

      ゆうじさん、ブログを
      書いてくれてありがとう。



    • 4. yuuji16
    • 2017年11月06日 01:00
    • 紺青空さんはじめまして^^

      「ブログを書いてくれてありがとう。」
      こんな素敵な言葉を頂くのは初めてで
      とても嬉しいです^^
      ブログ書いていて良かったなと思える瞬間です。

      こんな見ず知らずの僕に対して
      素敵な言葉をかけてくださる
      紺青空さんは心優しい方ですね。

      コメントを拝見すれば、
      心優しい紺青空さんの
      人柄が伝わってきます。

      僕もそうだったのですが、
      母と一緒にいるときは何気ない時間を
      大切にすることができなかったです。
      時間が立てば立つほど、
      母に会いたい気持ちが膨れ上がってきます。
      僕の場合は8年立ってもその想いは募るばかりです。

      でも離れてからもそれだけ
      お母さんに会いたいと心の底から思ってもらえる
      紺青空さんのお母さんは絶対に幸せですよ。
      そして絶対に傍で紺青空さんの事を見守ってくれていますよ!
      だからお互い一日一日を大切に生きていきましょう^^

      これからもよろしければブログを読んで頂けると嬉しいです^^
      コメント下さりありがとうございました^^


    • 5. 星海
    • 2017年11月11日 23:39
    • わたしも母を亡くしています。
      なんだか気持ちが分かるなぁと思ってコメントしました。

      帰ってきて誰もいないって寂しいですよね…
      普通の生活が、ほんとうにありがたかったんだなぁって今になって感じます
    • 6. yuuji16
    • 2017年11月12日 00:42
    • 星海さんへ
      お母様を亡くされているのですね..。
      どうかお父様との時間を大切に過ごしてくださいね。
      僕は母の死から8年間父との時間を大切に過ごして充実した8年でした。

      そうなんですよね、当たり前だった事が無くなって、初めてその状況が恵まれていたことに気づくのですよね...。僕もつくづく普通が一番だと感じています。

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット