20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

次の日の朝になると母は
多少動けるようになっていた。


検査の結果が出るのは
明後日なので、僕ら家族は母を家に残し、


父は仕事に行き、兄は昨晩からの夜勤、
僕は朝から大学へとそれぞれ自分の予定通りに行動した。


母の事を気にかけつつ、
大学内で過ごしていた。
そしてあれはたしか午後の講義が始まって
すぐだった気がする。


講義中に突然兄からメールが来た。


(あれ?こんな時間にメールって何だろう?)


僕はメールをすぐ開いた。




すると・・




「母ちゃんが手術することになった。母ちゃんがゆうじにも来てほしいって。帰って来れる?」





僕は一気に心拍数が上がった。



(どういうこと?検査の結果は明後日じゃ?なんで手術?)


僕は訳が分からなくなり、シーンとした教室から抜け出し、、
すぐに兄に電話した。


「どうしたの?なんでいきなり手術?はつみ(=母)は大丈夫なの?」


「うん。またお腹痛くなって〇〇医院に行ったら、
すぐに病院に行けって言われたんだってさ。
でも今は落ち着いているから安心して。
で先生が手術になるから家族にも立ち会ってほしいってことで俺が来てる。
父ちゃんにも連絡したら早退するって。
で母ちゃんがゆうじにも来てほしいって言っている。
帰ってこれる?」


「うん。すぐに帰る。電車乗ったらまたメールするね」



僕は兄から朝からの経緯と、
現時点では母が落ち着いているという
言葉を聞き、一安心した。


そして大学から駅まで猛ダッシュした。
普段なら歩いて15分はかかる通学路を
こういう時はやっぱり人間、底力が出るのか
ものすごい速さで駅に着いた気がする。


そして病院に着き、兄と合流した。
なんとか手術前に間に合った。
すぐに母の所に行くと、


母は僕の顔を見るなり、嬉しそうに


「あ!ゆうじ!来てくれたのね^^」


と笑っていた。


兄の言った通り、僕の目の前には痛みが無さそうな
元気な母がストレッチャーに寝ていた。


兄が先生から受けた説明では、
見た感じだだと手術すれば治ると。
ただし術後1、2週間入院は必要だとのこと。


命の危険はないと言われ、
安心したのと同時に
専業主婦の母が家にいない生活は初めてになるので
家事が心配だと気になった。


そして母の手術までにまだ時間があるとのことで、
母と兄から今日の出来事を聞くと偶然が重なったと
口を揃えて教えてくれた。


兄は夜勤中で、本来なら会社に泊まる予定だったが、
仕事が早く終わり、家に帰って来て寝ていた。


母は僕が出掛けた後、お腹が痛くなり
〇〇医院に行って、診てもらったところ、
たまたま叔母さんも診察に来ていて
叔父に電話し、車で迎えに来てもらった。


家に一旦寄り、寝ている兄を起こし、
兄も同伴の元、叔父の車で病院まで送ってもらえた。


「もし一人だったらこんなにスムーズに
病院に来れていない」


と母は偶然の出来事に感謝するように
僕に話してくれた。


そうこうしているうちに、
いよいよ手術の準備が整った。
エレベーター前で、一旦別れることになった時、


母は突然僕の手を握りしめ、口を真一文字にし、
強がるような表情で


「ほな!ひょっとするとこれが最後の会話になるかもしれない。」


と僕らに向かって言ってきた。


先生から僕と兄と叔母は命の危険は無いと聞いていたので笑った。


「ばーか 先生が手術したら治るって言っていたじゃん(笑)
次会うときはこのお腹の痛みから解放されているよ^^」


「そうだよね^^では行ってきます」


と僕らの余裕な態度に安心したのか


手を振りながらエレベーターに乗り、手術室へと向かった。


僕はこの時、これで母は腹痛から解放される、
これで元の母に戻れると信じて疑わなかった・・。


しかし


この数時間後、僕と母の立場は逆転することとなる・・。




闘病記ランキング ↑↑ 良かったらポチっとそれぞれクリックお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット