久しぶりの投稿です。

最近ではこのブログも
ほぼ放置になってしまい、
番外編ばかりである。


なぜ母の時の事は定期的に
スラスラと書いていたのに
父の事になったら書かなくなってしまったのか…。


それは僕が父と母と過ごした残りの時間の過ごし方が
大きく影響していると自分では思っている。


母の病気発覚、余命宣告、別れの時は
僕はまだ21歳。大学生。


病気が発覚してから
1ヶ月ちょっとで看取った…。


過保護でずっと実家暮らし。
僕も母もお互いが大好きだった。


しかし当時の僕は完全にマザコンだったのに
マザコンが恥ずかしいと思っていた。


どんな時も味方で居てくれる事に甘えて
わざと母が嫌がる言動を取っていた。


「いずれは一人暮らしする」


父と兄の休みが揃った時は
家族全員でご飯を食べるのが
我が家のルールだったのに
それが嫌でわざとリビングのベットの上で
朝刊を読んで、皆が食べ終わるのを待っていた。


今にして思えば、
なんて子供じみた言動だったか。


どんなにケンカしても
いつも味方でいてくれて許してくれる母に
僕は完全に甘えていた。


そんな矢先に母が腹痛訴え
緊急入院、緊急手術、余命宣告。


そしてわずか1ヶ月ちょっとで
看取る事となった。


突然突きつけられた余命宣告は
僕にとって毎日がとても辛く、
常に気を張っていた。


回復なんて見られない、
日に日に悪化していく母の姿に
ただただ涙を流した。毎日毎日…。


だから
一瞬一瞬が
心に残っている。


心残りばかりで母が亡くなってから
このブログを書くまでは
母が亡くなった現実に向き合えず、受け入れられなかった。


でもこのブログを書き続けた事で
母と過ごした残りの時間を思い出し、
文字に起こし、過去と向き合う事で
ひとつひとつの事を浄化できた気がする。


だからこそ母の時の事柄は
スラスラと書けたのだと思う。


そして母が亡くなってから7年後、
今度は父に癌が見つかった。


父は病気発見から
1年ちょっと頑張ってくれた。


手遅れで抗がん剤治療ができなった母とは違い、
父は抗がん剤治療ができた事で入退院を繰り返したものの、
母の時に叶わなかった、また一緒に暮らす事が何度もできた。


そんな日常に感謝して、
父との残りの時間を大事に大切に過ごす事ができたからこそ、
父と過ごした残りの時間にはとても満足している。


父が闘病中から現実と向き合い、受け入れながら
過ごす事ができたから、なかなか書けないのだと思う。

言葉は正しいのかはわからないが、



「もっと○○しておけば良かった…」
と後悔ばかりの母に対する想い。


「しっかりと送り出せた」
と満足ばかりの父に対する想い。


僕は両極端の死別を経験したと
思っている。


個人的にはこれが父の闘病に対して
書けない大きな理由だと思う。


母と過ごした時間を振り返って
前に進みたい。


前に進みながら父との時間を過ごしたから
振り返ろうとしないのだと思う。


何だか自分の想いを支離滅裂に書いたせいか
文章がめちゃくちゃになってしまった^^;


また少しずつブログを書いていければなあと思う。



 
闘病記ランキング 
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 






 






もっと〇〇しておけばよかった…」と後悔した母との残り時間。 
「しっかりと送り出せた」と満足できた父との残り時間 
僕は両親と両極端な残り時間を過ごしました。