2月は両親の命日だった。


母が亡くなり11年。


父が亡くなって3年。


父が亡くなってもう3年か…。


時間が経つのは本当に早い。


何年経っても
恋しい気持ちは変わらない。


そんな気持ちが宿ったのか
父の命日が過ぎた頃当たりに
久しぶりに夢に両親が出てきてくれた。





僕はベットに寝ていた。
しかし普段の自室のベットではない。


どうやら何故か病室のベットの上に寝て
天井を見上げている。


僕は寝たままの状態で
何かに憑りつかれたように
泣きべそをかいて甘えた声で
こう連呼していた。



「寂しいよ~…会いたいよ~…」


と。



まるで甘えん坊さんの
子供のように。



すると寝たままの状態で
少し右側に目をやると
そこには父と母が立っていた。


父が手前に、
その後ろに母が。


まるで僕をお見舞いに来てくれているような
シチュエーションだった。


僕は父と母を見つめながら
またこう連呼した。



「寂しいよ~…会いたいよ~…」




僕はそれしか言わない。


そして父と母もまた
僕に何も声はかけてくれない。



僕は何度も何度も憑りつかれたように
両親に向かって



「寂しいよ~…会いたいよ~…」


と投げかけた。


立ち上がる事もなく。


大好きな両親が目の前にいるというのに…。


本来なら目に入った瞬間に
両親に飛び掛かり全力で抱きしめて
泣きわめいてしまうだろうに・・。


しかし両親との距離は縮まらない。
両親もその場から僕の方へとは歩み寄っては来ない。


そして次の瞬間、今の気持ちなのか
両親は無言のメッセージを
僕にくれた。


父は左腕で顔を覆い涙を流し
僕に涙を見られないようにと
母の方へ向く。



母はそんな父の後ろから体を傾け
満面の笑みで僕にピースをしてくれた。


ここで夢は終わった。


そこで目が覚めた。


そして涙を流し枕を濡らした・・。




夢だというのにこうしてもうすぐ2ヶ月経つというのに
鮮明に覚えているほど僕にとって、


この夢は、この光景は
強烈に頭に、心に残っている。



父はまだ寂しかったり、
僕達と一緒に暮らしたかったのかな


きっとまだ亡くなって3年だから
無念なのかな。


一方で母は亡くなって11年。


もう踏ん切りがついて
僕に「元気にやっているよ」「見守っているよ」って
僕に心配をかけないように、僕を励まそうとエールを送ってくれたのかな。


僕はそんな風に受け取った。



言葉は交わせず、触れる事もできなかったけれど
両親の今の心境を教えてもらえた気がする。







闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします