20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

2019年02月

エスカレーターで2階に上がった僕と父は呼吸器内科へと来た。手続きをすると血圧を測るように言われた。父が血圧を測ると物凄い高い数値で看護師さん達が少し慌て始めすぐに車椅子を持って来てくれた。僕はもうこの時点である程度諦め始めていた。目の前で起こる事が次々とト …
続きを読む

タクシーに乗り込み時間にして10分ぐらいで病院に着いた。父から財布を渡され支払いを済ませて先に僕はタクシーから降りた。父はゆっくり、ゆっくり座ったままお尻を滑らせ開いているドア側まで来た。僕は父に右腕を差し出した。父は僕の右腕を強く握りタクシーから降りた …
続きを読む

今日2月2日は母の命日だ。2009年2月2日に亡くなったので今日で丸10年だ。母は53歳で亡くなった。生きていれば63歳。来月の3月が誕生日だから生きていれば64歳。なんだか10年という節目なためか母の早死に対し考えるのはなかなかない。64歳なんてまだま …
続きを読む