20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

2018年07月

母がまだ生きていた頃。僕が大学に入学した18歳の時、3つ上の兄は大学四年生。その頃、我が家は車を買い替えた。父の趣味はドライブと料理。新車に買い替えた事で父は運転がしたかったのだろう。父が仕事が休みの週末はほぼ毎週家族でドライブに出掛けた。ほぼ毎週、朝5 …
続きを読む

年が明けた2010年1月。一次試験に合格した僕はこの日、最終面接に臨んだ。(今日で今後の人生が決まる)前年の就職活動を始めて早々に内定をもらった時とは違う感覚。僕は就活用のスーツに着替え家を出る前、母の遺影に向かって「はつみ、約束果たせるように頑張って来る …
続きを読む

望みをかけた最後の一社の面接に臨んだものの自分の力を出せず落ちたと思った。亡くなる母との約束を自分の愚かな考えのせいで果たせず母の仏壇の前で泣いていると携帯電話が鳴った。番号は企業と僕の間を取り持ってくれた会社の人からだった。今でも覚えているのが僕はこの …
続きを読む

大学4年の6月にスーパーを経営する会社から早々に内定をもらった僕はそこで就職活動を一旦終わらせた。内定先があるというだけで父も兄もそして周りの人もとりあえずは安心してくれたので特に問題は無かった。この当時の僕は就職活動を舐め切っていた。というか「就職する …
続きを読む
【番外編】家族って良いな

久しぶりの番外編。時間が立つのは早いもので母が亡くなり9年父が亡くなり1年の月日が流れたけれど歳を重ねる事で一緒に居た頃に気づけなかった事や子供の頃の事や過去の事など改めて話したい、聞きたい事があっても聞けないもどかしさなど両親に対しての想いは募るばかり …
続きを読む

2009年11月9日。この日は母が亡くなって初めて迎えた僕の誕生日であった。僕はこの日、免許の更新に行くことにしていた。免許を所得して初めての免許更新。勝手もわからず気疲れもして帰って来てしばらくリビングでグターっとした。そして夕方になり2人が帰ってくる …
続きを読む