20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

2017年12月

「私がんばったよね!?もう死んでも良いよね?」この母からのショックな言葉から数時間が立った。だがこの母からのショックな言葉は僕の脳裏に焼き付き必死に別の事を考えようとしても頭の中で何回もフラッシュバックした。母はこの日、ずっと怒りを噛み殺したような怖い顔 …
続きを読む

自分の体に少しずつ疑問を持ち始めてきた母。12月初旬に腹痛を訴えたあの日からちょうど1ヶ月が過ぎた。緊急入院、緊急手術、人工肛門、鼻からチューブしかし未だに食事も摂れなければ歩くことも、もっといえば座ることすら自力ではほぼできない。母からすれば治療などを受け …
続きを読む