先日の台風。



台風は夜に上陸するとのことで
都内のJR,私鉄は早い段階で22時頃からの運行を中止、
いわゆる計画運休を発表した。


僕はその日19時まで仕事だった。
しかし台風の影響もあり、19時上がりのシフトだったが
仕事がどんどん増えていき、このまま僕が上がってしまうと
21時上がりの人達の仕事が終わらず、帰宅できなくなる可能性があり、
また気が引けてしまったのもあり20時過ぎまで残業した。


僕の場合は次の日が休みだったのもあり、
そしてこういう予期せぬ事態が起きそうな時は
決まっていつもこう思うのだ。


(両親が守ってくれるはずだ^^)


と楽観的に捉えるようにしている。


最も本来であれば、シフト発表時は
次の日(台風が来る日)は朝から出勤だったのだが
この1週間前に他の人の休みの兼ね合いでシフトが変わり
休みに変更になった。


僕はこの仕事から休みに変更になった日に
台風が来るかもしれないと知った時も
両親が守ってくれたのだと都合よく解釈して
両親に感謝した。


そして台風が来た夜、
兄は仕事に行っていたが、
会社に泊まるとメールが来た。


普段なら僕は自分の部屋で寝るのだが
台風など横名振の雨の時は、
雨粒が雨戸に打ち付けてその音が気になるので
兄も帰って来ないからと1階のリビングのソファーで寝る事にした。


それでも夜中に何度か目が覚めたのだが
その都度またすぐに寝る事ができた。


そして次に目が覚めたのは
ピンポンの音だった。


近くに置いておいたスマホを見ると朝9時。


「こんな朝早く誰だよ」


ピンポンの音が鳴り響き、
僕が今から応答する頃には
ピンポンを押した主も帰っている頃だろう。


そうやって都合よく考え「無視!」と決め、
ソファーの上で寝ながら体を伸ばしていると
もう一度ピンポンが鳴った。


2回も鳴るなんて只事じゃないぞ。
僕の頭は一気に覚めてソファーから一気に
電話器の元に駆け寄り、受話器を手に取り応対した。


「はい!」


我が家のインターホンはモニターは無い。
昔ながらの電話機との連動式だ。


外の物音は聞こえるものの応答はない。


僕がもう一度
「もしもし」と応答するも返事は無い。


「なんだよイタズラか?」


一向に返事が無い為、僕は軽い怒りを感じ玄関には行かず、
とりあえず顔を洗おうと洗面台に向かった。


そしていつものように
洗面台の水を出そうとすると…。



水が出ない…。



僕は思わず笑ってしまった。



「あらら(台風に)やられたか…」



僕は不思議なぐらい落ち着いていた。


というのも慌てた所で
何も変わらないと思ったから。


そしてその瞬間、先程のピンポンが
水道局の人か何かではないかと考えた。


「きっと水が出なくなったって知らせに来たんだ」


それと同時に


「でもそれだったら災害時のような市内全域に放送流すはずだよな」


と自分の中で状況整理をし始めた。


まあとりあえず外に出て、
家の周りがどうなっているか見に行こう。


そう思い部屋着のまま玄関のドアを開け
外に出てみると…。



玄関前に置いてあったカゴに入れてあった
空のペットボトルが散乱している。


とりあえずそれをカゴの中に戻し
玄関前に戻すとドアに紙が貼ってあった。



「ん?」




僕の仮説は一瞬で覆った。



そして思わず玄関に貼ってある紙に向かって
こうツッコミを入れてしまった。



IMG_20190914_145855


「ウチだけかーーーーーい」







闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします