20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

父を病室に残し
僕は上司に電話で
父の件を報告した。


電話をするために病院の外へと出ていた僕。
目の前には患者さんを病院に送り終えた救急車と
その中から救急隊の方達が片付けやら何やらで
出入りをしている。


僕は電話をしながら最初はそんな風に周りの光景に
目をやるぐらい淡々とではないけれど
話に集中できていなかった。


自分の言う事だけを言い、
心配されたくないという気持ちが上回り、
「全然大丈夫ですよ」と上司に思ってほしかったから。


そして話が進み、
諦めモードの僕は上司にこう言った。


「せめて元気な状態でもう一度家に連れて行ってあげたかったです。」


上司に先生から何と言われたのかと聞かれ、
僕は【癌が見つかる=手遅れ】という認識だったので、
先生からはまだ何も言われていないが
もう家に帰れる事は無いと思う、と答えた。


すると電話口の上司は
いきなり語気を強めに僕にこう言った。


「馬鹿!まだお父さんがこのまま家に帰れないって言われたわけではないでしょ!」


「癌にはステージがあって例え手遅れな状態でも抗がん剤を使って、抗がん剤が効けば退院して家に帰れるよ!ずっと入院してるなんてことは無いから!抗がん剤して退院してまたしばらくしたらまた入信して抗がん剤をして、っての繰り返しだからその間は家に帰れるの!」


上司はその後も自身の今まで周りで癌になった人達の経験を
丁寧にわかりやすく教えてくれた。



投げやりになっていた僕を叱ってくれたというか
上司のおかげで目が覚めたというか。


母の時は抗がん剤すらできなかったので
ほとんど抗がん剤に対しての知識が無かった。


強いて言えば抗がん剤を使うと髪が抜けるという
イメージぐらいしかなかった。


あとは抗がん剤を使うと髪が抜け、体力が落ち
ずっと入院生活を余儀なくされるものだと思い込んでいた。


僕はこの上司の言葉で
次第に心の中が燃えてくるような、
希望に満ち溢れてきた。


母の時に叶わなかった、




また信ちゃんと
一緒に暮らせるんだ!!



その事が何よりも嬉しくて。



僕はその後、翌日は仕事に行ける事と
上司に感謝の気持ちを告げ
頑張りますと告げ電話を切った。



そして父の待つ病室へと
希望に満ち溢れ戻った。


母の時は突然癌が見つかり、余命を告げられ
絶望へと堕ちた僕だったが
父の時はまた一緒に暮らせる可能性が高い!と
希望に満ち溢れていた。


入院初日の僕の心境は母と父の時とでは
正反対だった。







闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット