20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

父の入院先は
母が最期を迎えた病棟だった。


看護師さんに案内され
車椅子に乗った父の後ろをついていく僕。


エレベーターホールから病室へと向かう。
この目の前に移る光景が
僕には本当に辛くて耐えられなかった…。


‘この場から逃げ出したい‘


本気でそう思うぐらいこの空間から
逃げ出したかった…。


ここには…辛い思い出がありすぎる…。



一番後ろを歩いているからこそ
誰にも見られていない事を理由に
何度も何度も零れ落ちる涙を手で拭った。



そして僕は涙を拭い顔を上げて
これ以上泣かないようにと
眉間にしわを寄せて険しい顔を作って
気持ちを立て直そうとした瞬間
雷に打たれたようにその場で動きが止まった。


人生でもあんな風に
ピタッと動きが止まったのも
記憶がないほどに。


それは視界に左斜め前の個室が入ったからだ。



その個室は母が最期を迎えた部屋だ。


心拍数は上がり、

呼吸は乱れ
せっかくこれ以上泣かないようにと
気持ちを整えようとした矢先に
目に涙が溜まる。



そして目を前を歩く看護師さんと
父の方にやると…。


こんな偶然があるのだろうか…。


母が最期の時を迎えた向かい側の病室に
看護師さんと父は入っていった。


(なぜ神様はこんなに酷い事をするのか)



(一体おれが何をしたっていうんだ!!)


この時、僕は怒りに震えながら
本気でそう思ったのを覚えている。


そしてたまたま
母が最期の時を迎えた
その病室には誰も入院しておらず
扉が開いていて
中の様子を見る事ができた。


僕は右側の父が居る病室ではなく
左側の母の病室の前に立ち尽くして
何とも言えない感情でしばらく見入ってしまった。


そしてはっきりと覚えているのは
無意識に拳を握りしめていたのと
涙が零れ落ちていた事。


そして背中越しに先程の看護師さんが
僕を呼びに来た事。


看護師さんから見れば
たしかに不審な行動だ。


父の病室に案内したのに
家族である僕が居ない。


看護師さんは僕が居ないと気づいて
すぐに廊下の方に目をやったと思う。


僕はすぐに見つけられただろう。
でも廊下に居るものの
関係のない向かい側の部屋を覗いて
立ち尽くしている。



僕は看護師さんに声をかけられると
はい!とだけ返事をして
泣いているのを見られないように
斜め下を見ながらクルっと回り
涙を手で拭い、さっと父の待つ病室へと入った。


まだカーテンが開いている状態だったので
すぐに父の場所がわかった。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 







このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット