20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

父の前でつい泣いてしまった。
しかし次第に僕の気持ちは一旦落ち着いた。


そしていよいよ病室の準備が完了して
4Aの病棟に向かうことになった。


処置室のベットから
また車椅子に乗って
看護師さんに連れられながら
エレベーターへと向かった。


今でもはっきりと覚えているのは
2階からエレベーターに乗り
4階の4Aの病棟へと向かう最中、
時間にしてわずか数十秒の間に
急に吐き気に襲われた事。


母との時間を最期に過ごした4A。
怒涛の勢いで日に日に弱っていく
母の姿がここにはあった。

目の前で起こる悪夢の出来事が詰まった4A。


この病院もそうだが、
何よりこの4Aには一番来たくなかった場所だ。


ここには全く良い思い出などない。


エレベーターを降りて
真っ先に左側の椅子に目をやった。


走馬灯のように7年前の光景が頭の中を駆け巡る。


(ここだ…ここでおれは信ちゃんに…)


僕はこの椅子に座って
やり場のない怒りを父にぶつけてしまい
母の死を認めた…。

http://yuuji16.site/
archives/6872667.html



そして看護師さんに案内され
父が入院する事となった病室は…。


僕はさらに心をえぐられる事となる…。





闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット