兄との電話を終えると
僕は父の待つ処置室へと戻った。



処置室に戻ってからも
しばらくはベットが空かず
先程と同様に待機を余儀なくされた。


しかしちょうど入り口付近に待機していたため
先生や看護師さん達が頻繁に出入りしていた。


会話をしたいが人通りもまあまああるし
他の方の迷惑になる思い
僕も父も静かに待っていた。


そしてそうこうしているうちに
ようやくベットが空いた。


父は車椅子からベットに移動した。
特段検査をしただけなので
僕の助けを借りるわけでもなく
自力で移動した。


看護師さんから次の指示があるまで
ここで待機するように言われた。


カーテンを閉め、
ようやく父と二人だけの空間。


父も朝からの緊張が取れたのだろう。
穏やかな表情に戻った。


やはり僕も父もどこか周りの目を気にしたり
見えない緊張があったのだと思う。


なんだかようやく
”リラックスした時が流れた気がした”


父はニコニコして僕に兄の様子を聞いた。
僕も父に笑顔で答える。


ここは処置室だけれど
いつもの日常の空間に戻ったような
心が本当にホッとしたのを覚えている。


そして僕は父に癌の疑いがあるのを隠しつつ
父を励まそうと声をかけた。


「病院来て良かったね、どれくらい入院するのかわからないけれど…」


励ますつもりが言葉が続かなかったのを
今でも覚えている。


この時の僕は物事を悪い方向にしか
考えられなかったから…。


このまま母の時と同様に
入院してどんどん悪化して
またこの病院で最期を迎えるんだ…。


僕はこの時はっきりと
こう思っていた。


でも父は違った。



父は嬉しそうに生き生きとした表情と声のトーンで
僕にこう言った。


この日は2016年2月3日。
母の命日は2月2日。
母の命日の翌日だ。


「昨日ははつみの命日だ。こんな偶然は無い」


父は本当に嬉しそうな顔をしていた。


そしてこう続けた。


「母ちゃんが、はつみがきっと守ってくれたんだ^^」



僕はこの言葉を聞いて号泣した。


父は自分がこんな状況にもなったにもかかわらず
母に自分の事を守ってくれたと感謝をしている。


反対に僕は父がこんな状況になったのは
母が父を守ってくれなかったからだと責めてしまった。


そんな自分が情けなくて母に申し訳無くて
母の事を責めてしまった自分にやり場のない怒りを感じた。



そして何より今もこうして
父が母の事を信頼している事
父が母の事を愛している事、


今もこうして深い所で
両親が繋がっていてくれている事が
嬉しくて嬉しくて溜まらなくなった。


両親の深い愛を改めて感じたし
改めてこんな素敵な両親の子供で幸せだと思った。


でもそうした想いと同時に
何故29歳という若さでこんなに大好きな両親と
別れなければならないんだと
やり場のない怒りを感じて
僕は声を出さないように
手で何度も何度も涙を拭った。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします