20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

看護師さんに優しい言葉をかけられ
これまで堪えていた感情を爆発させ号泣してしばらくすると、
車椅子に乗った父は先程の看護師さんに連れられて
僕の元へとやってきた。


現時点での検査はこれで終了し
病室が用意できるまで、僕と父は
処置室に案内された。


僕の記憶ではこの処置室には
病室のようにベットが3つあり
各ベットはカーテンで仕切られていた。


処置室に案内されてから僕と父は
入ってすぐの所で待たされた。


どうやらベットが3つとも埋まっているようだ。
僕はパイプ椅子に腰を掛け
父は車椅子に乗ったまま。


周りに人がいるので
僕と父は小声で話した。


何の検査をしたのかと
僕は父に聞き


父は検査の内容や検査に要した時間や
混み具合を僕に教えてくれた。


僕はこの時、まだ父に
癌の疑いがある事を隠していた。


でも心の中では、
父に正直に「癌の疑いがある」と
話したくて溜まらなかった。


これは僕の勝手な言い分で、
わがままであったのは十分わかっていた。


母の時に僕はしばらく母に癌の事を隠していた。
それが毎日辛くて辛くて溜まらなかった。


大切で大事で大好きな人に
嘘をつかなければならない。



母の時に経験した癌発見から告知までの辛い時間を経験した上、
告知をした以降に得られた「大切でかけがえのない時間」を
身をもって体感した事で、父との時間もそうやって過ごしたいと思っていた。


母に告知後に母と一緒に過ごせる残りの時間を大切にしようと
これまで照れなど恥ずかしくて言えなかった
「好きな人がいる事」や「これまでの感謝の気持ち」など本心を伝えられた事、


また母自身、自分に残された時間が少ないとわかった事で
僕の言葉をしっかりと受け止めてくれた事、
残していく僕に精一杯の愛情を注ぎ続けてくれた事、


一緒に同じ事に目を向けて
残りの時間を過ごせた事で
告知後から亡くなるまでのあの期間は
母との絆がより強くなったというか
何年経っても心に残る、
心の支えとなる時間になっていた。


僕はそんな母の経験から
父に隠す時間があるのなら
1日でも1分でも1秒でも早く
お互いに「残りの時間」に目を向けて
大切に過ごしたいと考えていた。



でもこれはあくまで
僕の独りよがりな考えだ。


父の気持ちを考えていないと言われても
仕方のない事だと思う。




この処置室に入って間もない頃
僕の頭の中はこの事で
葛藤を繰り返していた。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 









このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット