20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

母に父の無事をお願いしたのに
母が父を守ってくれなかった。



僕はやり場のない怒りを
母にぶつけ待合スペースで
周りの人に気づかれないようにしながらも
悔し泣きをした。


だが時間が経つにつれ
平静を取り戻しつつあった。


そんな中、一人の看護師の方が
僕に声をかけに来てくれた。


この看護師さんは先程、
診察が終わり、各検査が決まった後、
車椅子に乗った父を各検査場所まで
連れて行ってくれた方。


当時40代ぐらいの優しそうな看護師さんで
父が検査に行く前に、軽く挨拶程度しかしなかったが
優しい人柄が内面から滲み出ているような人だった。



僕は平静を取り戻しつつあったものの
心の中では7年ぶりに突き付けられた
大事な人の命に終わりが近づいているという
この現実に打ちひしがれていた。


いくら平静を装ったり、
いくら7年前に母の死別を経験しているからというものの
心がボロボロになりそうだった。


そんな複雑な精神状態な僕に
看護師さんは声をかけてくれた。


何故声をかけてくれたのか、
何を話したのか覚えていない。


ただはっきりと覚えているのは
僕の左隣に座って、
僕の方に体を向けて
優しい言葉をかけてくれた事。


そして僕はその看護師さんから
優しい声をかけられて号泣した事。


その優しい言葉に涙が止まらず
「すみません…すみません…」と
必死に涙を止めようとした事。



先程の母にやり場のない怒りをぶつけて
コソコソ泣いた時とは違い、


看護師さんの言葉が、優しい思いが
僕の心にスーッと入って来て


今日のこれまでの二転三転している渦中で、
自分がしっかりしなければいけないという
気丈に、無意識に強がっていたせいか
これまで必死に抑えていた心の蓋が
いとも簡単に外れて号泣してしまった。


僕は昔から本当に心が弱っている時、
そのドンピシャなタイミングに
優しい言葉をかけられると号泣してしまう面があった。


今回もまさにそれだった。


でももう一つの大きな理由は
その看護師さんのぽっちゃりとした体型が
母に似ていて母と重ねてしまったから。


周りの目が気になり、
声をかけてくれた看護師さんに申し訳なく
涙を止めようにも止められず


隣に座る看護師さんに何度も何度も
「すみません…すみません…。」と言ったものの、
看護師さんが泣いている僕の背中を
優しくポンポンと叩いてくれた。


その仕草もまた
母と重ねてしまった。


母が居たらきっと、
いや間違いなく同じように
泣いている僕の背中をポンポンと叩いて
僕が泣き終わるまで待ってくれただろうなって…。


もっとも、母が居たら
2人で一緒に泣いていただろうな。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 









このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット