20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

父の身体から癌細胞らしきものが見つかった。
ある程度の覚悟のようなものはできていたので
意外と冷静に受け止められた。


しかし現実は受け止められたものの
徐々に悲しみが襲ってきた。


だけど母の時は違った。


自分で言うのも変だが
母を失ってからのこの7年ずっと僕は


いつか訪れる



”この時”



をずっと意識して過ごしてきた。



だから日勤の仕事にも転職したし
いつか必ず訪れるこの時をずっと覚悟して
過ごしてきたつもり。


母の時は目の前が真っ暗になり
ただただ泣きながら進んできた。


でもあの頃の僕とは違う。


いつこの日が訪れても大丈夫なように
特にこの1年ぐらいはより
父との時間を大事に過ごして
父の事がより大好きになっていたから。


母の時はショックのあまり
自分を見失って
不安と恐怖で押しつぶされそうだったけれど


この日、父の身体から癌細胞らしきものが見つかった時は
自分の事はほとんど考えず


父の事だけに目を向けられた
そんな感覚だった。


だから信ちゃんとの別れのカウントダウンが
今この瞬間から始まってしまったんだと
父との別れを意識して悲しい気持ちに襲われた。


覚悟をしていたとはいえ
やっぱりもっと一緒にいたい
そんな気持ちで一杯だった。


そして父の美味しいご飯が
もう食べられないのだと
悲しくて寂しくて
涙が溢れてきた。


でもここは待合スペース。
そしていつ父が帰ってくるかもわからない。


理性が働き、周りの人に気づかれないように
涙を拭いて深呼吸を繰り返し視線を下に落とし
泣き止むまで無理矢理、別の事を考えて過ごした。







闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 















このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. ルナ
    • 2019年03月12日 21:44
    • ゆうじさん、はじめまして。4か月前に父を亡くしました。残された母が本当に落ち込み寂しがっていたのに、ちょうど娘が里帰り出産をしていたのと重なり、あまり、かまってあげられなかった。
      娘が帰る一週間前にお腹が痛いと言うので、病院に連れていったのが始まりで。
      今日は大腸がんの手術をしました。
      でも何も治療は出来ませんでした。私もゆうじさんと同じように泣いてばかりです。
      父が亡くなったころにゆうじさんのブログに出会いました。本当に20代でよく頑張りましたね。何度も読んで私も勇気をもらっています。
      目は前についている、下を向かず前だけをみて母と過ごせる時間を大事にします。長文になってしまいごめんなさい。
    • 2. yuuji16
    • 2019年03月12日 23:46
    • >>1
      ルナさんへ
      はじめまして。そしてコメントありがとうございます。
      頂いたコメント大事に大切に何度も読ませて頂きました。

      4ヶ月前にお父様を亡くされて、まだその現実に向き合えなかったり、受け入れられなかったり、悲しみで押しつぶされそうな状況や娘さんの里帰り出産とバタバタしたり忙しい毎日を送る中、今度はお母様が…。

      お腹が痛く病院に行き癌が見つかる。そして手術をするも何も治療できず…。まさに当時21歳だった僕と瓜二つの状況に胸が痛みました。大好きで大切な母が日に日に弱っていく。そんな母を見て毎日泣いてばかり。目を背けたい事、目を逸らしたい事たくさんありました。「目は前についている、下を向かず前だけをみて母と過ごせる時間を大事にします。」素敵な覚悟です!読んでいて涙が出てきました。

      大切なお父様を亡くされて今度は大切なお母様が…。そんな辛い経験を今現在進行形のルナさんから頂いた「本当に20代でよく頑張りましたね。何度も読んで私も勇気をもらっています。」というコメントはとても胸に響き光栄に思いますし、こうして自分の経験をブログに書き続けて来て本当に良かったと改めて実感できます。
      こんなことを言うと気分を害されたり、不快な思いをさせてしまうかもしれませんが、母を失った経験から父との時間を大切にして父の事はしっかりと送り出せて僕から言わせてもらえるなら、どうか、どうかお母様との残りの時間を大切に大事に過ごして欲しいと本当に心の底から強く思いますし、勝手ながら願っています。
    • 3. yuuji16
    • 2019年03月15日 22:58
    • ゆうじさん、ありがとう。
      母とは本当に色々あって、ケンカもよくしました。
      いま、少しでも母の話しをちゃんと聞いてあげて 残された時間を輝かせたい。
      それだけを思っています。
      沢山のことばを、ありがとう。
    • 4. yuuji16
    • 2019年03月20日 01:41
    • >>3
      ルナさんへ
      返信が遅くなり申し訳ありません…。今回のコメントも胸が熱くなりました。
      過去を振り返りつつ、そして過去の経験を元に今後どうしたいか決意をする。
      素晴らしい考え方だと思います!僕がこのブログを通して伝えたい事はまさにこういう事なので、本当に嬉しいです。そして何よりもルナさんとお母様の今後が濃くて一生心に残って、心の支えになるような時間を過ごして欲しいと強く思い、心から応援しています!!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット