父の検査が終わるのを待っている僕の元に
3人の先生がやって来た。


3人の中に先程
父の診察をしてくれた先生がいた。


僕は椅子から立ち上がり
反射的に会釈した。


すると残りの2人の先生のうち
女性の先生が口を開いた。


この女性の先生が
父の主治医になったとのこと。


するとその先生は
すぐに神妙な顔になった。


僕は先生の表情を見て
一瞬で悟った。


(癌だな)


と…。





予想通り先生の口から聞かされたのは



「まだ検査中なのではっきりと決まったわけではありませんがお父様の身体から癌細胞のようなものが見つかりました」


「はっきりとわかったらまたお伝えします。まだ検査がありますのでもうしばらくお待ちください。」


そういうと僕に向かってお辞儀をして
3人は右奥にある処置室へと消えていった。


僕はフーっと深い息を吐いたものの
意外と冷静だった。


何というか先生の言葉を
噛み締めて受け止めようとした。


というか母の時のような動揺したり
現実から目を反らすのではなく


”とうとうこの時が来たか”


”来る時が来てしまったか”


と突き付けられた現実を
すぐに受け入れることができた。


だけど現実はすぐに受け入れられてものの
やり場の怒りと悲しみが押し寄せ
この後僕は一人で泣くこととなる…。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします