入院が決まり血液検査、レントゲンなど
父は看護師さんと一緒に車椅子に乗って
各検査に向かった。


時間にしてどのくらいだっただろうか。
朝から病院に行き、診察をして検査。


まだ午前中だったのは
はっきりと覚えている。


時折、車椅子に乗った父が
診察を受けた内科の待合スペースの
ソファーに座った僕の前を何度か通った。


男同士だからか、周りに人がいるからか
僕と父は言葉は交わさないものの
通り過ぎる直前にしっかりと目と目を見つめ合い
アイコンタクトをした。


(ここにいるから)


(がんばれ信ちゃん!)


無言のエールを通り過ぎた
父の背中に何度も送った。


僕は時折カバンの口を開け
カバンに忍ばせている母の遺影に向かって


(はつみお願い>< 信ちゃんを守って><)


とお願いした。


そんな風に1人でいる時間を
母に心の会話をしたり
本を読んだりして
気を紛らわせようとした。


いつ父の検査が終わるかわからない。
父は携帯を持って来ていない。


いつ父の検査が終わるかも
わからないので離れるわけにもいかず
ただただじっと待機していた。


すると前から白衣を着た
先生が3人やってきて…


僕の方に目をやり
歩を進めてきた。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします