20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

今日2月2日は母の命日だ。


2009年2月2日に亡くなったので
今日で丸10年だ。


母は53歳で亡くなった。
生きていれば63歳。


来月の3月が誕生日だから
生きていれば64歳。


なんだか10年という節目なためか
母の早死に対し考えるのはなかなかない。


64歳なんてまだまだ若いし
この10年もし生きてくれていたら
どんな感じだったのだろう。


毎日父と母の遺影に
起きた時は

「信ちゃん、はつみおはよう^^」


仕事に出かける時は


「信ちゃん、はつみ行ってきます!今日もよろしくね^^」


寝る時は


「信ちゃん、はつみおやすみ^^」


と声をかけて
毎日考えているけれど


やはり命日だけは
いつも以上にというか
毎年毎年、あの日の当時の自分は
何をしていたのか考えてしまう。


一日に何度も。



今日も朝仕事に出かける時に
ふと


(あ~こんな寒い日に10年前の俺は自転車に乗ってはつみの所に行ったんだな)


と振り返ったり



何年立とうが
この悲しみは消えないな
としみじみと思ったり。


改めて母の事が恋しくなった
そんな10周忌だった。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 













このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. セザール
    • 2019年02月04日 00:08
    • 5 ゆうじさん今晩は😭風邪大丈夫ですか?インフルエンザも流行っているしご自愛くださいね。昨日はつみさんの10周忌( ;∀;)空の上から信ちゃんとともにゆうじさんとお兄様の幸せを🍀祈ってらっしゃるのではないかと。そう願わずにはいられません。ゆうじさんありがとー🙋
    • 2. yuuji16
    • 2019年02月04日 00:31
    • >>1
      セザールさんこんばんは^^
      すこぶる体調が良かったのですが、トントン拍子に体調が悪くなりました(苦笑)
      セザールさんもくれぐれもお気を付けください。

      ありがとうございます^^ 僕もそう信じられるのでいつも両親を心の支えにがんばれています^^ 
    • 3. セザール
    • 2019年02月04日 03:45
    • 5 ゆうじさんあんまり無理したらあかんでえ😭生きてると毎日色々あるからね😁自分のおかんの誕生日は4月22日☀️はつみさんは3月☺️🐸また仏壇の前でお互いおめでとうを言ってあげたいね🙆🍀お互い心に春が来るように🙋京都の空のしたから祈ってますよ(爆)ありがとーゆうじさん😭
    • 4. yuuji16
    • 2019年02月06日 00:01
    • >>3
      ありがとうございます>< 
      そうですね、やっぱり命日にもそうですが、誕生日も例え亡くなっても大切な日ですよね。毎年仏壇に向かってお誕生日おめでとうと言っています^^

      京都の空の下から祈ってくれてありがとうございます!セザールさんが応援してくれていると励みになりますよ!頑張ります!!!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット