今日2月2日は母の命日だ。


2009年2月2日に亡くなったので
今日で丸10年だ。


母は53歳で亡くなった。
生きていれば63歳。


来月の3月が誕生日だから
生きていれば64歳。


なんだか10年という節目なためか
母の早死に対し考えるのはなかなかない。


64歳なんてまだまだ若いし
この10年もし生きてくれていたら
どんな感じだったのだろう。


毎日父と母の遺影に
起きた時は

「信ちゃん、はつみおはよう^^」


仕事に出かける時は


「信ちゃん、はつみ行ってきます!今日もよろしくね^^」


寝る時は


「信ちゃん、はつみおやすみ^^」


と声をかけて
毎日考えているけれど


やはり命日だけは
いつも以上にというか
毎年毎年、あの日の当時の自分は
何をしていたのか考えてしまう。


一日に何度も。



今日も朝仕事に出かける時に
ふと


(あ~こんな寒い日に10年前の俺は自転車に乗ってはつみの所に行ったんだな)


と振り返ったり



何年立とうが
この悲しみは消えないな
としみじみと思ったり。


改めて母の事が恋しくなった
そんな10周忌だった。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします