20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

つい先日大好きなドラマ
下町ロケットの放送が終了した。


今回のはシーズン2のようなもので
シーズン1の時は父と一緒に見ていた。


出来れば今回のシーズン2も
父と一緒に見て
感想を言い合いたかったな。


熱いシーンを見る度に
そう思った。


だいたい日曜日は21時まで仕事の為、
リアルタイムで見れたのは1話ぐらいだった。


1話が放送された時、
僕はあるCMを見て号泣した。



それ以降、録画した時は
そのCMが流れるシーンだけ
早送りをするのを止めて
毎回じっくり見ていた。


そしてこのCMを見ると必ず
毎回見終わる時には
目が真っ赤になっていた。


そのCMがこちら






父も母もきっとこうして
普段から僕のそばに居てくれて
声をかけてくれているのかな



ずっと近くでこうして
見守ってくれているのかな


などと考えながら見始め


小さい時の自分もこの子のように
感情豊かでそんな僕を見て
喜んでくれていたのかな


そして思春期になって
携帯のメールに夢中になって
両親に素っ気ない態度を取ってしまっていたな


どんな時も味方で居てくれるからと
その事に甘えて
わがまま言ったり
八つ当たりしていたな


と思って見ていると


最後の方の
病院で泣きながら父親と
接しているシーンを見ると
涙が溢れてくる。


自分に重ねて
母の時と父の時
泣き虫の僕はいずれも
こうして泣きながら
「生きてほしい」
と訴えていたなと。



このCMを見ると
今の自分があるのは
両親のおかげ。


両親からもらった
残りの人生しっかり生きないといけないな!


と思い出させてくれる。





闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 







このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. yuuji16
    • 2019年01月06日 16:55
    • 5 初めまして。
      最初から毎回ずっと読ませて頂いておりました。
      私はゆうじさんより一回り以上年上かと思いますが、
      独身で実家暮らしの一人っ子です。
      なので恥ずかしくてコメントするには勇気が必要でした。
      私も両親と仲良しだったのですが、
      父が突然の脳内出血で、
      平成25年の4月に他界して、
      一言では言い表せないくらいズタボロになりました。
      ゆうじさんは本当に優しいですよね。
      今回コメントしたくなったのは紹介された動画です。
      最初は軽く見ただけで、
      いかにも演技という感じがして心に響かなかったのですが(^^;、ゆうじさんの説明に病院のシーンがあると書いてあり、
      再度見てみると…。
      私も父がICUで意識がなくなる直前、
      ベッドで手を握ってあんな風に泣いていました。
      あんな風に父の目に映っていたのかなと思うと…。
      最後に桜がうつりましたが、
      父が倒れた日から亡くなるまでは桜が満開だったので色々思い出してしまいました。
      いい動画を紹介してくれてありがとうございました。
      長文失礼しました。

    • 2. yuuji16
    • 2019年01月06日 22:23
    • >>1
      はじめまして。勇気を出してコメント下さった事とても嬉しいです^^
      僕と共通点が多く、とても親近感が湧きました^^

      頂いたコメント大事に読ませて頂きました。すぐ近くに同僚がいる状態で仕事の休憩中に拝見したのですが、どんどん内容に引き込まれて、そしてその情景を頭の中で浮かべ、目が真っ赤になって涙が溢れそうになるのを必死に抑えました。

      お父様が倒れて亡くなるまでの過程を想像して本当に胸が絞めつけられる思いがしました。心の準備も出来ておらず、また突然の事態で置かれている現実に混乱し呑み込めない状態でのお父様の看病、そしてお別れ…。こうして書いているだけでまた涙が出てきます。とても辛い思いをされましたね…。

      そういった辛い経験をされた方にこうしてコメントを頂くとブログを書き続けてきて本当に良かった、また頑張ろうと思えます。何より一番うれしかったのが「最初から毎回ずっと読ませて頂いておりました。」というコメント、絶対に忘れません!本当にありがとうございます!これからも書き続けていきますので引き続きよろしくお願いいたします。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット