20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

このブログを以前から読んで下さっている方達なら
すでに御存知かとは思うがもう一度伝えようと思う。


以前この記事でも書いたとおり
僕はこのカエルのピクルスに出会った事で
僕の心は救われた。


母を亡くして傷ついた心を
このぬいぐるみが僕の心を救ってくれた。

IMG_0042 (2)

母が傍に居てくれると感じられて
顔を見ているとついつい笑顔になってしまう。


また表情が変わる感じがして
僕が悲しい時、辛い時は一緒に悲しそうな笑顔に感じて
僕が元気な時はとても嬉しそうな笑顔に見える。


あくまでそれは僕のその時の感情によって
そう都合よく感じるだけなのかもしれないが。


でも母を失ってまもなく
母が好きだったカエルのぬいぐるみと出会ったのは
偶然とは未だに思えない。


僕はこのかえるのピクルスだけは
これからもずっとかけがえのない存在として
ファンで居続ける。



IMG_0205


IMG_0206




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 








このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット