20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

仕事中ずっと父が
病院に行ったのか気になっていた。



父は元から病院嫌いの人だった。
僕と兄は3つ違い。


僕が高校受験
兄が大学受験の時は
同時に受験だった。


そんな大事な年に
父はインフルエンザにかかった。


さらに僕が大学受験の時に
父はノロウイルスにかかった。




だが父は昔から風を引いても
頑なに病院に行こうとせず
自力で治すスタンスだった。


だからこのインフルエンザの時は
ずっと父を寝室に隔離していた。


我が家では伝説だ。


ではなぜ病院に行かなかったのに
インフルエンザとわかったのかというと
答えは簡単。


父が寝込んで自力で治そうとしている最中
母が感染し、病院に行きインフルエンザと診断され
病院から父からうつった可能性が高いと言われたからだ。


そして兄と僕も
インフルエンザとまでは
診断をされなかった記憶があるが
2人も大事な時期に熱を出し
寝込んだ記憶があり
よく父をからかうネタにしていた。


そして当の本人は寝込むだけ寝込み
家族にうつし、僕らが寝込む頃には
元気になるというタチの悪さ。


さすがにノロウイルスの時は
そんなインフルエンザを
巻きうつした前科があるので
無理矢理行かせた記憶がある。


だがそれでも寝込んで
2、3日してからだった。


そんな父が病院に行ってくれるだろうかと
不安が頭をよぎる。


だがインフルエンザやノロウイルスなど
風邪や下痢など自力まではいかなくとも
なんだかんだしばらくすれば治るだろうという
症状でなく


昨日のは呼吸困難で発作だったわけだから
放っておいても治るだろうなどと
楽観視できるような症状ではないから
さすがの父も病院に行ってくれるはずだと
僕は父を信じていた。


仕事が終わり、家に帰ると
僕は父に会うなり
病院に行ったのかと
聞いた。


すると父の口から聞いた答えに
僕はガッカリした。


父は僕と目を合わせるわけでもなく
コーヒーを飲みながら
パソコンの画面を覗いていた。


でも父はどこか
気まずそうだった。


僕は思わず
語気を強めに


「なんで病院に行ってくれなかったの?昨日のあれは異常だって!」


と父に向かって
声を荒げてしまった。


父の体の事が
心配でたまらない。


でも父はこんな状況でも
病院に行ってくれなかった。


僕はそんな父の行動が
許せなかった。


だが僕のこの一方的な考えは
父に対して完全な言いがかりだった。


この後、昨日の父から聞いた
「行く気力がない」
という言葉の真意を
聞かされることとなる。


そして僕はその真意を理解し
自分を責める事となる。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 









このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット