20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

翌日僕は仕事だった。
父が心配でいつもより
少しだけ早起きした。


父は普段と変わらない様子だった。
そんな父を見てひと安心したのを
覚えている。


支度を済ませて家を出る前に
父にもう一度、病院に行くように
念押しした。


父はボソッと


「行く気力がない…」


と言ってきた。


僕はその言葉の真意がわからず
というよりも理解しようとせず
父に対してまた怒り気味に


「バス停がすぐ近くにあるからバスで行きな」


と言った。


たしかに歩いて行くには
距離がある。


かといって父は昔から
自転車には乗らない。


乗れないわけではないが
父が自転車に乗っている姿を見たのは
人生で2、3回ぐらいしかない。


だからこの時の僕は
父の言葉の意味を


『歩いて行くのがめんどくさい』


と捉えてしまった。


だから僕は父にバスで行くようにと
一方的に突きつけ
仕事へと向かった。


そしてこの夜
僕は父に対して声を荒げてしまう。


でもそれは父に対して
完全な言いがかりだった。



闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 









このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット