20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

父が異変を起こし
寝てから数時間が経った。


僕は逐一、1階で寝ている父の様子を見に来ては、
父の気持ちよさそな寝息を聞いて安心し
2階の自室へと戻るというのを繰り返した。


この頃には僕はもう元気だった。
自分で都合の良い診断を勝手に下した
おめでたい奴だったから。


仮に狭心症だったら心筋梗塞の前触れの可能性もあり
急死に至る危険な状態かもしれないのに


僕は「癌でなければ良い」というか
癌に対して非常に敏感で
強い嫌悪感のようなものがあり
癌でない他の病気なら安心だと思った。


そしてそうこうしていると
下から父が起きたであろう物音が聞こえた。


僕はいち早く父に狭心症の事を伝えたくて
急いで1階へと降りた。


だが父の姿を見るまでは
心臓がバクバクしていたのを覚えている。


リビングのドアを開けると
父と目が合った。


父はいつもと変わらない様子だった。
父は口下手の為、先程の件については
決して自分から触れるような人ではない。


僕は自分からはやる気持ちを抑えきれず
父に狭心症ではないかと伝えた。


先程の症状と照らし合わせて
狭心症だと思う。


狭心症の症状はこれだ


などと怒涛の勢いで
父に熱弁した。


話が終わると
父の反応は鈍かった。


というより、自分の異変に目を向けたくないというか
何かの病気ではないかと考えたくなったようで
素っ気ない返答だった。


僕はそんな父に対してイラっとして
リビングにあるパソコンを起動して
先程調べた近所の病院を紹介し


「心配だから明日ここに行ってきてね!」


と懇願した。


そんな怒り気味の僕に対して
父はまた素っ気ない返事で


「わかった。」


とだけ言った。


僕は


「お気に入りに登録しておくから自分でちゃんと見てね!」


と言った。


何でこんなに心配しているのに
信ちゃんは病院に行こうとしてくれないんだ!


と自分の言う事を聞いてくれない父に
怒りを感じていた。


そして父に今日は車の運転はダメ!
と言い、


大丈夫だからと運転したがる父をよそに
僕は寝ている兄を起こしに2階へと上がった。


そして兄に先程起こった父の異変を伝えたうえで
今日はタクシーで行ってほしいとお願いした。


もしまた急に発作が起こるかもしれないし
もし運転中に発作が起こった場合
父だけではなく兄も危ない、
それ以上に誰かを巻き込んでしまうかもしれない


僕は2人を失うのも嫌だし
父に加害者になってほしくないと
得意の妄想(?)が膨らみ
運転するつもりだった父が
寂しそうにしている姿を見て
徐々にトーンダウンして
許してしまいそうになった。


僕は父が大好きだから
その分、父に甘い。


しかし兄はいつでも
父のわがままに対して厳しかったので
タクシーで行く!と突っぱねた。


そして間に合わなくなるからと
そそくさと準備をして
仕事へと向かった。


僕は寂しそうな父が可愛そうで
自分から運転を却下したものの


「信ちゃんが心配なんだよ…だから今日は我慢して」


と若干泣きそうになってしまった。


父は寂しそうに
2階の寝室へと向かった。


そんな父に対して
僕はかける言葉がもうなかった。




闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 







このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット