20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

夜勤の飲食店勤務から
日勤のホテル業に転職した事で
僕の生活は一変した。


飲食店の頃は夜勤明けの休みだと
日中寝て20時や21時に起きる。


起きて父が用意してくれた晩御飯を食べ
酔っぱらった父と少し話すものの
父はすぐ寝てしまう。


そして父と兄が寝ている夜中に
僕は1人起きて自分の部屋でパソコンをして過ごすのが
休みの日の過ごし方だった。


しかし日勤の仕事に転職した事で
勤務スタイルは10~19時か
12~21時の8時間労働。


しかも残業はなく、従業員同士で
呑みに行くことも無かった。


僕はまっすぐ家に帰るタイプの為
転職してからはより決まった時間に
家に帰る事が出来るようになったので
父にメールすることはほぼ無くなった。


仕事のある日は起床時間と帰宅時間が
安定した為、僕の起床時間を逆算して
僕が顔を洗い、スーツに着替えたりして
朝の準備が出来る頃には
炊き立てのご飯、出来立ての味噌汁
焼き立ての魚が準備されていた。



僕はこの転職した当時
心の底から思った事がある。


それはやはり、人間は
朝起きて夜寝れるというのが
どれだけ幸せな事なのかという事。


昼夜逆転の生活をしていた頃
自分がこれから仕事という時に
皆は帰宅。


僕が仕事を終え帰る頃には
通勤ラッシュ。


あの何とも言えない光景というか
不思議な感覚は正直もう二度と味わいたくない。


もちろん深夜に働いてくれる人がいるから
社会が成り立っているのは痛いほどわかっている。


だが夜勤を4年やってみて感じるのは
もうあんな生活はしたくないというのが
正直な気持ちだ。


そんな生活から解放された事で
より心が満たされたのだと思う。


転職先の人間関係も良く
仕事も楽しくて毎日が充実していた。


そして転職する際の一つの条件でもあった
「父との時間」も十二分に確保できた。


父も僕が日勤の仕事に就いて
凄く嬉しそうだった。


これまで以上に父との時間、
父とのコミュニケーションが取れるようになって
本当に転職して良かったと思えた。


この当時の僕はまだ父に対して照れていた部分もあり
また父も口下手な為、普段は必要最低限の会話しかしなかったけれど
同じ空間に同じ時間を過ごせるようになったことで
お互いに口にしないものの、距離感が今まで以上に
近くなったのかもしれない。





闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 






このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット