就職して3年半が立った
2013年11月。


勤務先の店舗が改装することとなり
約一ヶ月休業となった。


その間、人が不足している店舗に
ヘルプで働く事となった。


僕は元々就職した時から
この会社で長く働こうとは思っていなかった。


もちろん卒業ギリギリで採用してくれた
この会社と何より面接で嬉しい言葉をかけてくれた
社長に対して恩義があったので
とりあえず3年は働こうと思っていた。


ただ店長になれば人不足な店舗に配属になった場合
自分が働かなければならない。


現にヘルプ先の店舗の店長は
朝10時~深夜3時で働き
そして7時間後の朝10時からまた
深夜3時まで働くシフトとなっていた。


申し訳ないが僕には
そこまでの愛社精神もなければ
そこまでの責任感も覚悟もない。


上に上がれば(店長になれば)
こんなシフトが待っている。


この店舗のみならず
この3年半何店舗にヘルプに行ったが
やはり人不足の店舗の店長は皆
こんなシフトだった。


また2011年の震災の時に言われた
「3時間かけても来なければダメだ」
という言葉がずっと心に引っかかっていた。


僕が当時初めて転職をしようと思ったのが
この震災の時がきっかけだった。


かと言って他にやりたい事もなければ
向いていそうな事も無いので
漠然と転職しようと思っていたものの
何もアクションを起こせずにいた。


そこで僕はこの1ヶ月の休業中
他の店舗にヘルプに行くぐらいならと
試しに有給休暇を7日間申請してみた。


恐る恐るではあったものの
有給休暇を消化することで
あわよくば何か会社や
上司から目をつけられ
向こうからアクションを
起こしてもらえるのではないかと思った。


人づてに聞いた話では
有給休暇を消化しようとすると
人によっては上司などと軽い面談をしたり
有給休暇を消化した後、
店舗をたらい回しにされるされる人がいると
耳にしていた。


ただあっさりと申請が通ってしまった。
特に面談もなければこの後
店舗をたらい回しにされることもなかった。


この会社に勤めて3年半
ほとんど連休すらなかったのに
7連休ももらえたが結局何をするわけでもなく
家にずっと籠っていた。


ちょうどこの有給に入る前から、
父が家の屋根と外壁を業者に頼んで
大掛かりな、リフォーム工事を行っていた。


有給消化後、お風呂も劣化が酷いという事となり
お風呂もリフォームすることとなった。


今住んでいるこの家は
僕と同い年だ。


僕が生まれるからと
この家を建てたとのこと。


だからこの当時25歳だったので
築25年立ち、
初めてのリフォームを行った。


そこには父の僕ら子供に対する
ある想いが隠されていた。







闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします