20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

大事な人を亡くした人ならば


あの時◯◯をしてあげれば良かった


亡くなる前に
◯◯に連れて行ってあげたかった


などと後悔する事が
たくさんあるはずだ。


親はいつまでも元気だと錯覚し
近い存在であるからこそ
つい照れくさかったり
次に会った時に言えば良いや
などと日頃の感謝の思いを
先送りにしてしまったり。


僕も母の時そういった思いをたくさんした。
でもその経験があったからこそ
父の事を大事にして
父との残りの時間を
大切に過ごすことができた。



このブログを書き始めて
もうすぐ1年が立とうとしている。


おかげさまで
これまでたくさんの読者の方にご覧頂き、
中にはコメントをしてくれる方もいる。


僕と同じように大切な人を亡くした方達から
コメント頂くことが多い。


傷ついた人の心の拠り所になれているとしたなら
こんなに誇らしい事は無い。


僕もこのブログを書くまでは
母が亡くなった現実に向き合えず
受け入れられていなかった。


でもこのブログを書き始めて
過去の母とのやりとりを思い出すことで
この現実に向き合う事、
受け入れる事が出来たように思う。


約9年という時間はかかったけれど
このブログを書き始めて良かったと
心の底から感じる。



最近公開が始まった山P主演の映画
コードブルーのCMで


「あなたなら、大切な人に何を伝えますか?」


というテロップを見る度に




僕なら迷わずこう伝える!
と心の中で答えてしまう。






「信ちゃん、はつみ大好きだよ^^」





と。



泣きながら
笑顔で伝えるだろう。





偉そうな事は言えないけれど
もし大切な人が生きているのなら
僕はその人との時間を
大切に過ごして欲しいと思う。


漠然としているけれど
お互いがお互いを想い
お互いがお互いを大切だと
僕は思えるから



いつも両親がそばにいてくれると
信じられる。


だから僕は強くいられる。







闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット