20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

就職が決まり
母が亡くなって
1年の月日が過ぎた頃


僕は家の中の整理をした。
就職してしまうと
こうした時間が取れないと思ったし
就職する前に少し家の中の
不要な物を処分したかったから。


男3人暮らしだったにもかかわらず
父が綺麗好きな人だったのもあり
きちんと物は整理されていたり
掃除機も頻繁にかけてくれていたので
家の中はいつも綺麗だった。


母が居た頃は母がこうした
身の回りの世話をしてくれていたが
母が居なくなってからは
その代わりを父が果たしてくれた。


そしてこの日僕は不要な物を
処分しようと作業に取り掛かった。


こういう時僕はボンボンと
物を捨てていく。


あっという間に
大量のゴミ袋が
パンパンになった。


そして父のエリアで
捨てられそうなものが無いか探した時、
不意に写真の束に目が留まった。


いつの何の写真だろうと興味が湧き
1枚1枚めくっていく。



家族でドライブに行った時の写真。
景色だったり兄と僕のツーショットの写真を見て
懐かしいなと思いながら1枚1枚見ていると



母が笑って映っている写真が出てきた。
僕はその瞬間、体を震わせて泣いた。


なおも泣きながら
1枚1枚めくっていく。


箱根に家族で行った写真


最後の家族旅行に行った時の写真



そこに映っているのは
結婚式などの改まった写真ではない。




そこに映っているのは普段の、
そのままの母の姿だった。



母のありのままの姿が映っていて
とても寂しくて恋しくて
会いたくて、話したくなった。


母はもういない。
でもこの1枚1枚の写真と
その時の思い出が
僕の心を温めてくれた。


そこに映っている母は
かしこまった表情ではなく
純粋に笑っていたり
楽しそうな顔をしている
何気ない母が映っている。



それを見るだけで
僕は今も頑張れる。


泣きながら
前に進めてこれたと
今でも思う。







闘病記ランキング
↑↑ ポチっとそれぞれクリックお願いします 








このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット