20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

新卒でこの会社に勤めて早くも4年が過ぎた。入社前に心に決めていた3年間続けるという目標をクリアして3年目を過ぎた事からずっと転職したいと考えていたものの次にやりたい事、自分に合っている仕事が見つけられず、ずっと行動に移せずにいた。僕はずっと転職するなら「 …
続きを読む

築25年の我が家は父の独断で屋根と外壁とお風呂のリフォームを行った。僕と兄は家のメンテナンスなどに対して興味がないというか関心が無かった。というか父に任せっきりであったし父が考えた事なら僕は間違いないと思っていた。父の口からリフォームを行うことにしたと聞 …
続きを読む

就職して3年半が立った2013年11月。勤務先の店舗が改装することとなり約一ヶ月休業となった。その間、人が不足している店舗にヘルプで働く事となった。僕は元々就職した時からこの会社で長く働こうとは思っていなかった。もちろん卒業ギリギリで採用してくれたこの会 …
続きを読む

就職して約2年半が過ぎた頃僕はようやくこの仕事に慣れて来た。調理がなかなかうまくできなかったが異動した3店舗目で事実上の夜の責任者を任されたことで嫌でも調理をしなければならない環境になった。僕は臆病者でなかなか一歩目が踏み出せないタイプ。自己評価が低いの …
続きを読む

東日本大震災が起きた日、僕は休みだった。明くる日、電車は動いていたものの5つ先の駅から終点までの折り返し運転のみ行っていた。当日の早朝ようやく店舗に電話がつながり昼の12時から来るように言われた。僕は自転車でその駅まで行くことにした。しかし僕は方向音痴。 …
続きを読む

2011年3月11日。東日本大震災。僕はその日休みだった。この日は金曜日。金曜日は1週間の中で一番忙しい。その為社員は必ず出勤するというのが暗黙の了解であった。現に僕はこの会社に4年半お世話になったがこの日以外で金曜日に休んだ記憶がない。それにアルバイト …
続きを読む

社会人生活もスタートして半年ぐらいが過ぎた頃だろうか店長が替わった。ただまだ半年、徐々にではあるが好きな接客ができるホール業務は視野が広がり少しづつ手応えを感じ始めてはきたがまだ調理の方は全くと言って良いほどできなかった。もっとも調理が最低限できるように …
続きを読む

何気なく見始めた榮倉奈々さん主演ドラマ「泣かないと決めた日」入社前にアルバイトとして働き始め約1ヶ月。毎日失敗ばかりでうまくいかずもどかしい日々を過ごしていた為か僕はこのドラマにあっという間に引き込まれてしまった。主人公は悪意に満ち溢れた嫌がらせなどを受 …
続きを読む

座右の銘。調べてみると常にその人の心に留めておき、自分の励ましや戒めとする言葉のこと。 生き方や仕事に対する姿勢や方向性、価値観などのベースになるものといえるとある。社会人になりたての僕には座右の銘がなかった。研修期間中の束の間の休日。研修期間中に教わり、 …
続きを読む

2010年4月1日。僕はこの日、晴れて社会人としての第一歩を踏み出した。内定をもらってからこの4月1日までにアルバイトとしてすでに数回配属先の店舗で働いていた。接客は好きだが人生初めての飲食業。緊張しやすい性格、覚えることが多すぎて頭がパンク。自分ではミ …
続きを読む

大事な人を亡くした人ならばあの時◯◯をしてあげれば良かった亡くなる前に◯◯に連れて行ってあげたかったなどと後悔する事がたくさんあるはずだ。親はいつまでも元気だと錯覚し近い存在であるからこそつい照れくさかったり次に会った時に言えば良いやなどと日頃の感謝の思 …
続きを読む

僕が生まれる前だったり物心つく前は父は度々、出張に行っていたらしいが僕が物心ついてからは兄と僕が修学旅行に行った時や兄が仕事で帰りが遅くなった時以外は基本的に夜は毎日、家族全員顔を揃えた。それが我が家の日常であり普通の光景だった。しかし母が居なくなったこ …
続きを読む

就職が決まり母が亡くなって1年の月日が過ぎた頃僕は家の中の整理をした。就職してしまうとこうした時間が取れないと思ったし就職する前に少し家の中の不要な物を処分したかったから。男3人暮らしだったにもかかわらず父が綺麗好きな人だったのもありきちんと物は整理され …
続きを読む

母がまだ生きていた頃。僕が大学に入学した18歳の時、3つ上の兄は大学四年生。その頃、我が家は車を買い替えた。父の趣味はドライブと料理。新車に買い替えた事で父は運転がしたかったのだろう。父が仕事が休みの週末はほぼ毎週家族でドライブに出掛けた。ほぼ毎週、朝5 …
続きを読む

年が明けた2010年1月。一次試験に合格した僕はこの日、最終面接に臨んだ。(今日で今後の人生が決まる)前年の就職活動を始めて早々に内定をもらった時とは違う感覚。僕は就活用のスーツに着替え家を出る前、母の遺影に向かって「はつみ、約束果たせるように頑張って来る …
続きを読む

望みをかけた最後の一社の面接に臨んだものの自分の力を出せず落ちたと思った。亡くなる母との約束を自分の愚かな考えのせいで果たせず母の仏壇の前で泣いていると携帯電話が鳴った。番号は企業と僕の間を取り持ってくれた会社の人からだった。今でも覚えているのが僕はこの …
続きを読む

大学4年の6月にスーパーを経営する会社から早々に内定をもらった僕はそこで就職活動を一旦終わらせた。内定先があるというだけで父も兄もそして周りの人もとりあえずは安心してくれたので特に問題は無かった。この当時の僕は就職活動を舐め切っていた。というか「就職する …
続きを読む

久しぶりの番外編。時間が立つのは早いもので母が亡くなり9年父が亡くなり1年の月日が流れたけれど歳を重ねる事で一緒に居た頃に気づけなかった事や子供の頃の事や過去の事など改めて話したい、聞きたい事があっても聞けないもどかしさなど両親に対しての想いは募るばかり …
続きを読む

2009年11月9日。この日は母が亡くなって初めて迎えた僕の誕生日であった。僕はこの日、免許の更新に行くことにしていた。免許を所得して初めての免許更新。勝手もわからず気疲れもして帰って来てしばらくリビングでグターっとした。そして夕方になり2人が帰ってくる …
続きを読む

僕が15年間応援し続けている涌井選手。その応援する気持ちは15年立っても変わらない。その理由はもちろん怪我に強く同じ野球経験者としてプレースタイルに惚れたから。そしてもう一つ僕が涌井選手を応援し続けるには理由がある。それは涌井選手が西武ライオンズに入団し …
続きを読む

僕の心の支えとなってくれたプロ野球選手。その1人は涌井秀章選手だ。年齢では涌井選手が僕の一つ上だ。僕は中学生の頃ずっと西武の松坂選手の大ファンだった。松坂選手の母校は横浜高校。その影響でプロ野球は西武、高校野球は横浜高校のファンだった。僕は春と夏の甲子園が …
続きを読む

僕は野球が大好きだ。1995年母が当時オリックスにいたイチローのファンとなり我が家はあっという間に野球好きな家族になった。翌年の1996年の3月20日、東京ドームで行われた巨人対オリックス戦を家族全員で見に行った。これが家族全員初めて生でプロ野球の試合を見に行った日 …
続きを読む

母と別れて2ヶ月が立ったこの頃僕は大学4年生になった。大学4年生ということは何といっても今年は「就職活動」をしなければならない。絶対にフリーターにはならない。なぜならそれは母との最後の約束だったから…。でも正直この時の僕は「就職活動」の意味をはき違えていた。 …
続きを読む

男3人の新たな生活が始まって約2ヶ月ぐらい立った。そんなある日、僕はある事で母のありがたみが身に染みて涙が出た。母は専業主婦で心配性な性格だった。そんな母の性格を表しているのが日用品のストックの多さ。我が家にはティッシュやトイレットペーパーなどが常に豊富に …
続きを読む

僕にはどうしても許せない人がいた。母が亡くなり49日が過ぎたこの日僕はその人と1対1で会わなければいけなかった。その人物とは葬儀屋の人間だ。白髪交じりの50代後半の男性。母が亡くなったあの日、家に冷たくなった母が帰って来て数時間後、そこには父と兄と僕と叔父とそ …
続きを読む

父の言葉につい取り乱してしまい洗濯物を持って勢いのまま2階へと駆け上がった僕。洗濯物を干す部屋で怒りに震える僕。しかし次の瞬間声を出して泣き始めた。父に取った先程の自分の言動を後悔して涙が止まらなかった。(なんであんな態度を取ってしまったんだ…)(はつみが …
続きを読む

僕は涙もろく家族が大好きだ。僕は怒ると無口になる。口論するのが嫌いだし相手を傷つけたくないし何より自分の心が傷つくのが怖いから。僕は昔から家族と喧嘩をした時は少し口論になるとすぐに無言になりその場を離れブツブツ言いながら自分の部屋に逃げていた。喧嘩をして …
続きを読む

はつみが生きた証を残したくて洗濯物の干すタイミングお風呂を入れる時間母と同じタイミングや方法を取る事で母を感じられて僕の心の中にいつも母がいた。そして僕にはもうひとつ母が亡くなってから母の真似をしてある習慣を変えた。それは父と兄の呼び方だ。このブログでも …
続きを読む

母が亡くなって男3人での新しい生活が少しずつ、そして確実にスタートし始めた。父と兄は仕事。兄は土休日も仕事があるので家族3人休みはほとんどない。父が食事を担当してくれた。朝はご飯と味噌汁と魚が準備してあり僕はレンジでチンするだけで良かった。そして仕事から帰 …
続きを読む

前夜兄から言われたあの言葉に傷つきながらも今後の自分の振舞い方を決意した僕。だがそれはどこか意地のようなものでだったらこうすれば良いんだろ、と強がって決めたのかもしれない。この当時、父と兄は仕事がある日は朝6時半には2人とも家を出ていた。僕が起きる頃には当 …
続きを読む

兄から言われた言葉に最初は怒りを覚えたものの時間が立つにつれショックに変わった。たしかに兄は僕の前で一度も大泣きしなかった。自分は凄く感情に正直でワンワン泣いていて過ごしてきたので兄と父は凄いなと改めて思ったのと同時に確かにいつまでも自分だけ泣いているの …
続きを読む

僕は母が入院した日からずーっと毎日何回も何回も泣いていた。21歳で母を亡くした当時の僕は本当に自分の感情に正直だった。母が亡くなってからも僕は事あるごとに泣いていた。家族以外の人の前では泣かないようにと気が張れていたこともあり大丈夫であったが父と兄の前で …
続きを読む