20代で両親を癌で亡くした僕の想い ~心の宿り木を目指して~

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。 僕の経験や想いを書いています。 死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。 身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

21歳の時に母を29歳の時に父を亡くした現在31歳の男です。
僕の経験や想いを書いています。
死別を経験した僕だからこそ誰かの役に立てるのではないか
たくさんの愛情をくれた自慢の両親が生きた証を残したくて書き続けています。

身近で見た癌発見前の体の異変、癌発見、入院、抗がん剤、告知、看病、別れの時、それぞれの死から感じた事など赤裸々に書きます。 読んでくれる方の何かのきっかけになってくれれば嬉しいです。

覚悟はしていたとは朝から父に付き添い病院へと行き、癌の疑いがあると言われ、母の時のジェットコースターのような怒涛の悪夢を突き付けられる事は無かったものの、一旦家に帰り、張り詰めていた緊張から解放されたからか母の遺影の前で号泣してしまった僕だが、母に今感じ …
続きを読む

一旦自宅へと戻った僕は忙しなく病院で父と話しながら取ったメモ書きを見ながら頼まれた物をカバンに詰め込んだ。そして準備ができるとすぐ近くに住む叔父の家に行った。運よく叔父と叔母は家に居て父が入院した事を告げた。二人とも神妙な面持ちで僕の話を聞いてくれ二人は …
続きを読む

父とまた一緒に暮らせる可能性が高い!それだけで僕の心は喜びで満たされた。母の時に叶えられなかった事を取り返せた気がして…。僕は父の病室に戻った後、主治医の先生が挨拶に来てくれた。先生からは父の肺に水が溜まっているのでまずは肺の水を抜いていく治療をしていく …
続きを読む

父を病室に残し僕は上司に電話で父の件を報告した。電話をするために病院の外へと出ていた僕。目の前には患者さんを病院に送り終えた救急車とその中から救急隊の方達が片付けやら何やらで出入りをしている。僕は電話をしながら最初はそんな風に周りの光景に目をやるぐらい淡 …
続きを読む

父の病室は母が最期の時を迎えた病室の向かい側。僕は父の病室に入り父の前で少しうつむいた。すると父は僕の考えている事がわかったのだろうか、いきなりこう僕に告げた。「向かい側の部屋は母ちゃんが入院していた部屋だな」(やはりそうだったのか)それと同時に7年経って …
続きを読む

父の入院先は母が最期を迎えた病棟だった。看護師さんに案内され車椅子に乗った父の後ろをついていく僕。エレベーターホールから病室へと向かう。この目の前に移る光景が僕には本当に辛くて耐えられなかった…。‘この場から逃げ出したい‘本気でそう思うぐらいこの空間から …
続きを読む

父の前でつい泣いてしまった。しかし次第に僕の気持ちは一旦落ち着いた。そしていよいよ病室の準備が完了して4Aの病棟に向かうことになった。処置室のベットからまた車椅子に乗って看護師さんに連れられながらエレベーターへと向かった。今でもはっきりと覚えているのは2階 …
続きを読む

父の口から予想だにしなかった言葉を聞き僕は動揺を隠せなかった。なぜ父は自分の病気が癌であるとわかったのか。その答えはすぐに父の口から出てきた。僕は思わず父にこう聞いた。「え…?なんで癌だってわかったの?」僕はもう隠すつもりはなく僕はもう父が癌である事を知 …
続きを読む

父の母に対する感謝の想いを聞いてからしばらくすると僕はまた冷静さを取り戻した。その間、父と今日のこの後の僕の取るべき行動を2人で相談した。家に帰ったら病院に持って来て欲しいものを父から聞き、あらかじめ入院を予想していたのでカバン忍ばせていたペンとメモ帳を …
続きを読む

兄との電話を終えると僕は父の待つ処置室へと戻った。処置室に戻ってからもしばらくはベットが空かず先程と同様に待機を余儀なくされた。しかしちょうど入り口付近に待機していたため先生や看護師さん達が頻繁に出入りしていた。会話をしたいが人通りもまあまああるし他の方 …
続きを読む

処置室で待機している僕と父。僕はここからしばらく僕らはこの処置室に待機するのだろうと思った。病院に来てから約3時間。父が検査中はいつ父の検査が終わるかわからず待合スペースから離れる事ができなかったので父にトイレや心配している兄に電話して来る、と言って僕は …
続きを読む

看護師さんに優しい言葉をかけられこれまで堪えていた感情を爆発させ号泣してしばらくすると、車椅子に乗った父は先程の看護師さんに連れられて僕の元へとやってきた。現時点での検査はこれで終了し病室が用意できるまで、僕と父は処置室に案内された。僕の記憶ではこの処置 …
続きを読む

母に父の無事をお願いしたのに母が父を守ってくれなかった。僕はやり場のない怒りを母にぶつけ待合スペースで周りの人に気づかれないようにしながらも悔し泣きをした。だが時間が経つにつれ平静を取り戻しつつあった。そんな中、一人の看護師の方が僕に声をかけに来てくれた …
続きを読む

父と別れることになるかもしれない。母の時のようにこのままあっという間に別れの時間が来てしまうのではないか。僕はそんな悲しみに押しつぶされそうになりながらも一旦は平静を取り戻した。しかしふとした瞬間、僕はカバンに忍ばせておいた母の事を思い出しカバンのチャッ …
続きを読む

父の身体から癌細胞らしきものが見つかった。ある程度の覚悟のようなものはできていたので意外と冷静に受け止められた。しかし現実は受け止められたものの徐々に悲しみが襲ってきた。だけど母の時は違った。自分で言うのも変だが母を失ってからのこの7年ずっと僕はいつか訪れ …
続きを読む

父の検査が終わるのを待っている僕の元に3人の先生がやって来た。3人の中に先程父の診察をしてくれた先生がいた。僕は椅子から立ち上がり反射的に会釈した。すると残りの2人の先生のうち女性の先生が口を開いた。この女性の先生が父の主治医になったとのこと。するとその …
続きを読む

入院が決まり血液検査、レントゲンなど父は看護師さんと一緒に車椅子に乗って各検査に向かった。時間にしてどのくらいだっただろうか。朝から病院に行き、診察をして検査。まだ午前中だったのははっきりと覚えている。時折、車椅子に乗った父が診察を受けた内科の待合スペー …
続きを読む

あまりの血圧の高さに車椅子に乗せされた父。7年ぶりに味わうこの数分先、数時間先が全く予想できない不安と恐怖。果たして1時間後の自分は笑っているのかそれとも…。そしてついに父の診察の順番が回って来た。母の時と同様、どんな結果が出ようとも診断が下され、治療が …
続きを読む

エスカレーターで2階に上がった僕と父は呼吸器内科へと来た。手続きをすると血圧を測るように言われた。父が血圧を測ると物凄い高い数値で看護師さん達が少し慌て始めすぐに車椅子を持って来てくれた。僕はもうこの時点である程度諦め始めていた。目の前で起こる事が次々とト …
続きを読む

タクシーに乗り込み時間にして10分ぐらいで病院に着いた。父から財布を渡され支払いを済ませて先に僕はタクシーから降りた。父はゆっくり、ゆっくり座ったままお尻を滑らせ開いているドア側まで来た。僕は父に右腕を差し出した。父は僕の右腕を強く握りタクシーから降りた …
続きを読む

今日2月2日は母の命日だ。2009年2月2日に亡くなったので今日で丸10年だ。母は53歳で亡くなった。生きていれば63歳。来月の3月が誕生日だから生きていれば64歳。なんだか10年という節目なためか母の早死に対し考えるのはなかなかない。64歳なんてまだま …
続きを読む

母と死別してから僕にはずっと避け続けていた場所があった。その場所とは母が入院し、母が亡くなった病院。僕は母と死別してからその後の手続きなどで病院に行ったものの最初の数年間はずっとこの場所を避けていた。家から自転車で10分の場所にある病院。僕は出来る限りこ …
続きを読む

つい先日大好きなドラマ下町ロケットの放送が終了した。今回のはシーズン2のようなものでシーズン1の時は父と一緒に見ていた。出来れば今回のシーズン2も父と一緒に見て感想を言い合いたかったな。熱いシーンを見る度にそう思った。だいたい日曜日は21時まで仕事の為、 …
続きを読む

このブログを以前から読んで下さっている方達ならすでに御存知かとは思うがもう一度伝えようと思う。以前この記事でも書いたとおり僕はこのカエルのピクルスに出会った事で僕の心は救われた。母を亡くして傷ついた心をこのぬいぐるみが僕の心を救ってくれた。母が傍に居てく …
続きを読む

先日都内某所で行われたとある撮影会に足を運んだ。僕は先月でもう31歳。独身で子供もいない。当日まで激しい羞恥心があり行くかどうか迷っていた。一体何の撮影会だったのかというと…。カエルのピクルスの撮影会。2回行われた撮影会は各回先着30組限定でこの大きなピ …
続きを読む

母が亡くなった後、父が引き継いだように今度は僕が引き継ぐと決意した僕。父との話は止まらなかった。こんなに父と真剣に話したのは母の闘病中以来だったかもしれない。母の入院から母が亡くなった後に行った必要な手続きとそのやり方、葬儀のお金でだいたいいくらかかった …
続きを読む

明日は父と病院に行く日。これまで以上にこの時が初めてだったかもしれない。父が居なくなった(=死別した)場合の生活を考えたのは…。もしそうなった場合もう頼れる人はいない。今までなら父が何とかしてくれたが父が居なくなってしまったら自分で考えて自分で行動して生き …
続きを読む

ひょっとしたら明日父と病院に行ったら父は入院することになるかもしれない。ひょっとしたら母の時のように緊急入院、緊急手術、余命宣告、そしてこの家にもう帰って来られないかもしれない。僕は狭心症であってほしいと願っていたものの父が入院する前日にはこれまで"敢えて …
続きを読む

2016年2月2日火曜日。この日は母の7回目の命日。僕は母の墓参りに行った。僕はこの3、4年ぐらい前から母の墓参りに行くと母にいつも同じお願いをしていた。(信ちゃんと洋ちゃん、家族全員がこれからも健康でいれますように)と。命日だけではなくお正月やお盆の節目 …
続きを読む

父の事で頭がいっぱいだった僕は家の最寄り駅に着くと駆け足で家に向かった。走った影響と父の体が心配で家の門に着いた時には心臓がバクバクしていた。乱れた呼吸を整えながらカバンから鍵を取り出し玄関を開けた。「ただいまー」と言いながら急いでリビングに入るとそこに …
続きを読む

時は2016年1月30日土曜日。この日僕は19時まで仕事だった。父はこの前夜、僕に病院に行くと約束してくれた。病院嫌いの父が自らの意思で病院に行くと言ってきた。ただ僕が教えた病院ではなく歩いてすぐの所にあるクリニックに行くと父は言った。僕は父の体力が続か …
続きを読む